FC2ブログ

Astrud Gilberto / Now (1972)

agnow
今日は本当に空が青くて、強風でしたが気持ちの良い秋晴れでしたね。
久しぶりにブラジル音楽を聴いてみたくなったんです。そんな訳でAstrud Gilbertoの『Now』(1972)の出番です。


編曲がDeodatoのこの人気盤、手持ちはP-Vine Records発売の紙ジャケット仕様、ラッキーです。


M1「Zigy Zigy Za」。のっけから飛ばしまくりですね。思わず腰に来るグルーヴ感。伸るか反るかじゃなくてノルしかないでしょう、これは。


M4「Touching You」では何とファズ・ギターが轟く辺り、捻りも利いていますね。程よいアクセントどころでは済まないところがミソですね。


Kahimi KarieもカヴァーしたM6「Take It Easy, My Brother Charlie」がやはり、目玉だというのも仕方ないことですよね。
Jorge Benに負けず劣らずの名演でございますよ、はい。


打って変わってしっとりとしたM7「Where Have You Been?」。このメリハリの良さ、ただただ聞き惚れてしまいますよ。


締めくくりに当たるM10「Daybreak (Walking Out On Yesterday)」の切なさ、胸に迫るものがあります。


冒頭のM1「Zigy Zigy Za」をはじめAstrud Gilbertoによる自作曲をいくつか収録していることに留まらず、自身の制作でもあるという意欲作なんですよね。その結果がこの名盤ぶりですよ、文句なしですね。


グルーヴィー!
♪「Zigy Zigy Za」Astrud Gilberto



おまけです。
♪「Take It Easy, My Brother Charlie」Jorge Ben



おまけなんです。
♪「Take It Easy, My Brother Charlie」Kahimi Karie



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード