FC2ブログ

The Stone Roses / The Stone Roses (1989)

thestoneroses
“セカンド・サマー・オヴ・ラヴ”と謳われた1980年代末、インディーとダンス・ミュージックとを結びつけたThe Stone Roses
発売から20年も経ってしまったブリティッシュ・ロックの金字塔が『The Stone Roses(石と薔薇)』(1989)なんです。


手持ちのCDはアルファレコード株式会社からの税込定価3,008円(いずれも当時)のもの。
帯には“時間軸を溶かすヘヴィ・トリップ・ミュージック。90年代ブリティッシュ・ロックの指標を打ち込め。”という甚句が。これはちょいと恥ずかしいかも知れません。


受験勉強ひと筋だった浪人生時代、その第一印象は古臭いのひと言でした。The Byrdsすら聴いたことがなかったこともありまして、まるでピンと来なかったんです。無知とは言え、ライナーノーツでの闇雲な興奮ぶりを理解することが出来ませんでしたね。
それでも、さすがにM11「I Am The Resurrection(僕の復活)」の終盤の件には興奮せざるを得ない訳だったんですけどね。
あの畳み掛けるようなグルーヴ感にはいつだって痺れてしまうはずです。


そうですね、アルバム終盤のシックなM9「Shoot You Down」から高らかに歌われギターのアルペジオが清らかに鳴らされるM10「This Is The One(これだ!)」、そして、とどめのM11「I Am The Resurrection(僕の復活)」という流れは絶品です。
勿論、出だしから欲の皮が突っ張りまくりのM1「I Wanna Be Adored(憧れられたい)」やM3「Waterfall」を逆回転させて別の歌詞を乗せたサイケデリックなM4「Don't Stop」なども抜群のアクセントとなっていますし。


次のアルバム、『Second Coming』(1994)まで沈黙せざるを得なかったのもいかにこの『The Stone Roses』の傑作ぶりかを物語っていると思います。
鍵となるのは前述のグルーヴ感。それはもう天下一品、段違いの力強さと粘り具合です。そこに繊細過ぎてダメダメな歌声がふわふわと乗っかり、変幻自在のギターの音色が轟くとThe Stone Rosesでしかあり得ない音楽が生まれる、と。


宣言!
♪「I Wanna Be Adored」The Stone Roses



カラフル!
♪「Waterfall」The Stone Roses



ストーン!
♪「Made Of Stone」The Stone Roses



グルーヴィー!
♪「I Am The Resurrection」The Stone Roses



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

当時はロッキンオンを毎月買ってましたので、どんな凄いバンドなのだろうと思ってました。国内のシングル編集盤は聴きやすかったですが、アルバムは、ちょっとガッカリした思い出があります。(笑
今でも好きなアルバムではありますが。

"I Am The Resurrection"が一番好きなので、シングルでグルービー路線が増えてきたのは嬉しかったですね。

2ndの時のライブは見ましたが、ギター弾きまくりと、へなへなボーカルのギャップが楽しかったです。

オオシマさんへ

オオシマさん、どもども!
コメントをありがとうございますね。

今、聴いても極めて普遍的な1枚。2ndすら聴いてないんですけどね。

ライヴ体験、羨ましいっすねー。初来日も2度目も話題になり過ぎましたよね。
まあ、ROにも責任の一旦が確実にありますよねぇ。私も目を皿のようにして読んでいましたよ。(汗)

あーあまーれざれーくしょーん

あまーあざーらー♪

そそそ、最後の3曲の流れ、たまらないですよね!
っていうか、全編流れが神がかってますよ、やっぱ。
1st中の1st!光輝いてます。

もう全部うなづきながら読んでますが、ホント奇跡のような音楽なんですよね。でも私も最初はピンとこなかったかな。

私はちょっと遅くて2ndから入ったんですよね~。
ライブもそん時見れたのですが、レニがいなくなって妙にピシパシ金属系の音になっちゃってね、リズムが。
レニのグルーヴはしなやかで人間的で、でもテク的には(きっと)めちゃすごくて素敵です。

モスコさんへ

モスコさん!熱いコメントをありがとうございますね!!

ええ、はい、もう神懸かっていますよね~。4人の写真でけ見ても何かやらかしてくれそうな面構えでしたね。格が違い過ぎますね!

で、実は私、2ndを聴いたことがないんです。(汗)
待たされたこともありますが、Led Zeppelin色がどうのという話が出て来た時点で一気に興味が薄れて行ったんですよ。ギターポップ好きは治らないもんで。
ドラマー交代も決定的でしたね、そこからの解散劇も哀しかったです。

まあ、それでもこの『石と薔薇』は誰にも追いつけないでしょう!

No title

もう20年経つんですね、感慨深い。。
俺も買ったのは90年になってからだから、正確には19年の付き合いですけど。

この1stも今では誰もが認める名盤ということになっていますが、俺も当時は全くといっていいくらい良さが分からなくて困ったものです。一緒に買ったSundaysばかり聴いていましたよ。

ローゼスの良さが分かったのってやっぱ初期シングル群&そのB面コンピを買ってからだと思います。アレはこの1st以上に衝撃的でした。

結局再結成はお流れになったのかな?ちょい残念。


kura_moさんへ

kura_moさん、どうもです!
コメントをありがとうございます。

皆さん、未だに『The Stone Roses』の虜ということで。
初めて聴いたあとは何だコレという感想で。
さ、これから20年も聴き続けることにしましょうか~。

Silvertone Recordsが苦し紛れに乱発したリミックスだらけのシングルには残念なものもあったかも知れませんが、やはり初期シングル盤群の輝きは別格ですね!
次のエントリは大好き過ぎる『Elephant Stone』にするつもりです。いつになるか判りませんけれども、読んでやってくださいな。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード