スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Seeds & Sky Saxon / Bad Part Of Town (1982)

badpartoftown
ガレージ・パンクの雄、The Seedsの中心人物だったSky Saxonが亡くなってしまったということで図らずも追悼エントリとなってしまいました。


相変わらずというか不思議なことに『Nuggets: Original Artyfacts From The First Psychedelic Era, 1965-1968』にも収録の「Pushin' Too Hard」くらいしか縁がございませんで、最近になってこの限定の編集盤CD、『Bad Part Of Town』(1982)を滑り込みセーフで手に入れた次第なんです。


怪人、Sky SaxonThe Seeds結成以前の1963年から1964年までに演っていたR&Bというかドゥワップらしき音源が表題曲のM1「Bad Part Of Town」を除く前半部分に配置されていまして。


一応、甘ったるいヴォーカル・グループ仕立てにはなっているんですけれども。
それがもう否応無しに浮世離れした異様さなんですね、既に。極めて変態的です。
その最初からサイケデリアの住人だったんですね、Sky Saxonが。


こういうのは物珍しさから今でこそ重宝されたり、好事家たちがもてはやすといった形で受け入れられるものだと思うんですが、当時からきちんと録音が残されているとは本当にラッキーですね。
怪人に歴史あり、です。


M9「Die He Die」からの後半にはライヴを含む1970年代前半の音源が詰め込まれています。
サイケデリックなパンクが思わず眩しいです。大層なお手前でいとおかし。
どっちにしても強烈な個性を放っていますよ、Sky Saxonが。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

合掌

私もスカイ・サクソンの追悼記事を書かせて頂きました。ホント残念です。
ザ・シーズは洋楽を聴き始めて結構早くに出会った記憶があります。なので個人的にガレージと言えばザ・シーズ、サイケと言えばザ・シーズって部分も多少あります。
今回のこの盤は聴いた事が無いのですが、結構興味アリですね。
初期から浮世離れした異様さ(笑)、後期70'S前半の音源。その辺はチェックしてなかったです。探してみま~す!

おいどんさんへ

おいどんさん、どうもです。
コメントをありがとうございます!

抜かりないですですね、おいどんさんは。私ももう1枚くらい聴いておきたいです!
この編集盤、DU店頭で見かけてスルーしたんですが、胸騒ぎがしてAmazon.co.jpで注文したんです、ラッキーでした。
おいどんさんもどうぞ、見つけてください!

これから伺いますね~。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。