fc2ブログ

Heavenly / The Decline And Fall Of Heavenly (1994)

decline
みんな大好きHeavenly!の今月のHeavenlyは黒猫のジャケット写真が人気の3枚目のアルバム、『The Decline And Fall Of Heavenly』(1994)です。
相変わらずシングル曲の入っていないたったの8曲入りですけれど、国内盤CDには嬉しいことに『Atta Girl』(1993)も『P.U.N.K. Girl』(1993)も全部、追加収録されています。


引き続き、ここに来てグッとロック・ミュージックらしい体裁の音を鳴らしています。言わせてもらうと、こんなはずじゃないのになといったところでしょうか。
どうしようもないことですけれど、理想として想い描いていた淡い何かが泡となって消えて行ってしまったような感じです。寂しいものですね。


とか何とか言っておりますが、演っていることは確実に違うステージに引き上げられています。前進している訳です。
例えば、M5「Sacramento」というインストゥルメンタル曲などに見られるように彼らなりに新しいことにも取り組んでいるのです。
詩の内容もただ辛らつなだけでなく、ユーモア感覚というかちょっとしたおかしみがちらほらしていますしね。


前作の『Le Jardin De Heavenly』(1992)から参加のCathy Rogersがしっかりと絡んで来ていまして、単なるバック・ヴォーカル以上の働きぶりです。最初のM1「Me And My Madness」からして楽しさいっぱいではありませんか。
ポップなメロディーがかっちりとした厚みのある音作りによってより一層、引き立てられていますし、Amelia Fletcherの歌自体がとても上手くなっています。
周りのインディーと比べましても、この辺は頭ひとつ抜けていると言えます。


本作の充実ぶりというのは本国はもとより遠く離れた日本での人気もそれなりということで、ある程度以上のことを好きなように実現させることが出来る時期だったからこそかも知れませんね。それだけ自信に満ち溢れているような印象なのです。
そこには随分と大人になってしまった5人の若者がいると。


Atta Girl』と『P.U.N.K. Girl』という2枚のシングル盤を経て何かを振り切った感があって、それはもう必要のないものなのでしょうね、きっと。新しいことを試してみたい、やりたいようにやってみたいという気概が多分に感じられるんです。
今までとは異なる楽しさ、音楽を演っていてこんなに楽しいというのが自然と湧き上がっているような感じです。
最後のM8「She And Me」を聴くたびに切ない気持ちで胸が詰まりそうになります。何でしょうね、この寂寥感は。
Heavenlyと過ごした嬉し恥ずかし1990年代前半も随分と遠いもんになってしまいましたよ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントをありがとうございます!
もしかして、わざわざお手数をおかけしまったのでしょうか?
不慣れなものですので、じっくりやってみますね。

No title

今となっては確かに微妙なアルバムだったと思います。
当時はギタポ熱最高潮(ギタポDJイベントもやってた)だっただけに、盲目的に受け入れていた感もありますが、1stの頃からのファンの人は複雑な心境だったんでしょうね。
この時期Pooh SticksもメジャーからCD出したり、なんだかギタポ青田買い状態だったように思います。
やっぱブームだったんでしょうね。今思えば。

ヘヴンリィ自体もこの後まさかの展開になってしまいますし、そういう意味では時代の終焉を象徴する作品だったのかも知れません。なんか書いてて悲しくなってきました(笑)

このアルバムにメンバー全員のサインを貰ったのがいい思い出です。

kura_moさんへ

kura_moさん、コメント感謝です!

そうなんですよね、あのフニャけたSarah Recordsらしさもなくなってしまって・・・。期待され過ぎていましたよね、誰もが。
The Pooh Sticksのメジャー盤って、結局は聴いたことなく今に至ります。それでイイのかもとも思っちゃたりしてますし。

そう言えば、Sarah Recordsからは最後のリリースですね。まあ、閉鎖の憂き目に遭ったのでHeavenlyに問題があった訳ではありませんが、時代の潮目が変わったのと重なったのでしょうか~。

私も確かこの年の来日公演に付随したタワレコ・イベントでAmeriaからサインをいただきました。(汗)お返しにポスト・カードをプレゼントしたんです。ああ、恥ずかしい・・・。

No title

理想として想い描いていた淡い何かが泡となって消えて行ってしまったような感じ・・・う~ん、わかります。
遠い懐かしい昔に想いを抱きすぎて先に進めなくなりそうですが、アメリアは前に進まないといけないわけですからこれはこれでしょうがないんでしょうね。



redsさんへ

redsさん、コメントをありがとうございます!

ここで決定的に変わってしまいましたね~。
まだメンバー間の関係も良好でどんどんやりたいことやって行きたいっていう時期だったんじゃないかと。こちらの勝手な思惑とは無関係なのは当たり前ですけどバンドとして充実していましたよね。

まあ、録音も良くって曲も良くって全体的に質が高いのが救いですね。CDだと輸入盤も国内盤も持っていますし、アナログ盤も手放せませんです。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード