FC2ブログ

Peter Grudzien / The Unicorn (1974)

petergrudzien
その筋ではそれなりに有名らしいPeter Grudzienの『The Unicorn』(1974)でございます。
ジャケット写真からして危険な匂いが漂っていますね。
消滅してしまったRadioactive Recordsから再発されたCDなんですけど、まだ流通しています。


一聴してただならぬ雰囲気を察知するのは容易いことで、これは相当なぶっ飛び具合ですよ。
基本はカントリーです、あの国民的な人気を誇るカントリーが此岸を軽々と跨いでユラユラとサイケデリックな音像が立ち上る。そこに作為がまったく感じられず、天然そのままなんですから恐ろしいことです。


ひと口にサイケデリック・カントリーと言っても済まされない代物ですね、これは
締めて13曲のアルバム1枚分、よく保つなというくらいのヘロヘロな演奏にかかわらず、むしろ神々しささえ感じられますよ。


翻りまして自然と連想してしまうのは、これまたDaniel Johnstonなのです。
何も突然変異的にDaniel Johnstonが現れた訳ではないようですね。アメリカという国にはPeter Grudzienに限らずずっと前からとんでもない怪物才能が生まれてしまう土壌がしっかりとあるということでしょうか。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

Peter Grudzien自体初めて名前を聞きましたがジャケットは猛烈にソソりますねぇ。
しかもサイケデリック・カントリーという怪しいジャンル。これは是非聴いてみたいですねぇ。
むしろ神々しささえ感じられるヘロヘロぶり。全く想像できないサウンドです(笑)。

おいどんさんへ

おいどんさん、こんばんは~。
コメントをありがとうございますね。

この方は稀に見る天然ミュージシャンですよ。
他人に聞かせるとか他人の存在など意識せず、感情の赴くままに歌とメロディーを紡いでいます。

必ずしも人生に必要な音楽ではありませんが、日常生活をほんの少し違った角度で楽しめるきっかけとなる1枚のような気がしますね~。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード