スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teenage Fanclub - Thirteen (1993)

thirteen
今月のTeenage Fanclubは『Thirteen』(1993)となります。
もう、とくかくジャケットが最悪なアルバムですね。水に浮かべた球がいったいどうしたっていうことですよ。そんなところからも最初は進んで好きになれなかった部分がありました。


前作、『Bandwagonesque』(1991)の音と比べてしまうとどうにも半端な印象を抱いていた訳ですけれど、今ではこの程度のまろやかな腑抜けさも心地良く感じられるようになりました。
もともとヤワでヌルい連中という扱いを受けていたような受けていなかったようなところがありましたし、腑抜けと言ってしまうのが適切でなければ発展途上、といったところでしょうか。


かっ飛びシングルの『Radio』(1993)のあと、そして、あの傑作の『Bandwagonesque』の次ですからね、余計な期待で勝手に胸がいっぱいだったところに温水をぶっかけられた気分でした。
この煮え切らなさが全体を支配していることによって、これまでの尖り具合が押さえ込まれてまっとう過ぎる音が随分と大人しく聞こえたんですね。収録曲は押しなべて堅実というか地味というか。


シングル曲のM1「Hang On」、M3「Radio」とM4「Norman 3」のほかに面白いのはM6「120 Mins」でGerald Loveがマンドリンか何かを弾いている代わりにNorman Blakeがベース・ギターに回っていること。
あとはインストゥルメンタルのM12「Get Funky」やThe Byrdsの中心人物にちなんだM13「Gene Clark」といった辺りが目立ちますでしょうか。


それから、運良く2枚組のオーストリア盤CDも持っています。
そのボーナス・ディスクは1910 Fruit Gum Companyのヒット曲、「Goody Goody Gum Drops」のカヴァーと「Radio」、Sebadohのカヴァー曲の「It's Hard To Fall In Love」に「Gene Clark」という4曲入りなんですよ。
詳細は不明ですがどれもスタジオ・ライヴのような感触ですね。
Sebadohの楽曲を聴いたのはこれが初めてだったような気がします、未だにたいして持っていませんけど。良いグループの良い選曲ですね。


シンガロング!
♪「Norman 3」Teenage Fanclub



レイモンド!
♪「Escher」Teenage Fanclub



キョーフ!
♪「Fear Of Flying」Teenage Fanclub



ジーン!
♪「Gene Clark」Teenage Fanclub



バブルガム!Teenage Fanclub
♪「Goody Goody Gum Drops」



おまけです。
♪「It's Hard To Fall In Love」Sebadoh



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何ともまた思い出深い1枚の登場ですね。
あの頃は熱におかされたように聴いておりましたよ。このちょい渋めな感じがいいんだ、って自分に言い聞かせながら(笑)

まあバンドワゴネスクの衝撃に比べたらって感じですけど、時期的にはこれと次のアルバムくらいまでが一番好きでしたね。来日公演見に行ってサインもらった思い出とかね。

俺は最初にクリエイション盤を即買いしたのでその後の日本盤ボートラ付きとかオーストラリア盤とかうらやましく思いましたよ。

kura_moさんへ

kura_moさん、こちらにもコメントをありがとうございます!

私の場合、初めてTFCのライヴを観に行ったのがこの時期の来日公演だったので複雑な気持ちでした、実は。(汗) サイン、羨ましいっす。
直後にBrendanがクビになりましたしねぇ。アルバムの内容にも響いていたのか何なのか・・・。

いちばん好きなのは次とそのまた次のアルバムです!先は長いですがまだまだエントリし続けますよ~。

ジャケも大好き♪

ギターとコーラスが織り成す透明且つ混沌とした世界。「静」と「動」との対比。
ギターポップの美味しさがいっぱい詰まった傑作だと思いま~す。
正直私のTFC人生は『THIRTEEN』から始まったような記憶が…。

おいどんさんへ

おいどんさん、どうも!

そうでしたか、おいどんさんにとってはでかい存在のアルバムなのですね~。
当時は結構、がっくり来たんですけども、今ではすっかり馴染んでいますよ。ほどほどにメロウでイイ感じですよね。

この辺のアルバムの収録曲は今、演奏してもらっても全然違和感がなさそうですよね?
初期の頃は一応、轟音がどうのこうの言われていたので演り辛さもあるのかなと邪推してしまいます。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。