スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teenage Fanclub / The Peel Sessions (1991)



 ふたつ前のエントリkura_moさんからコメントをいただきまして。
Teenage Fanclubの『The Peel Sessions』(1991)を引っ張り出して来ました。


God Knows It's True』(1990)に収録されている2曲、M1「God Knows It's True」とM2「So Far Gone」がやはり出色の出来ですね。角が取れたようにも聞こえるからでしょうか、どちらも適度に熟れた印象を与えてくれます。
どことなくラジオ・セッションを意識した緩さも見受けられますしね。
M2「So Far Gone」の方はきちんと地に足が着いた感覚もありますよ。


後半のM3「Alcoholiday」、これはアルバムの『Bandwagonesque』(1991)に収録されている好曲ですね。
出だしが異なることと演奏自体が生々しいことから、輪をかけて好感を抱いてしまいますよ。下手ではあるのですけれども、そのひた向きな姿勢というのを感じ取ることが出来る訳です。


M4「Long Hair」は先の『Bandwagonesque』からカットされた『The Concept』(1991)というシングルの所謂、B面曲です。
悪くはないことは確かなのですけれど、B面曲に相応しく閃きに欠ける出涸らしのような1曲であるのはどうしても致し方ないことでしょう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こうやって見ると、ジェリーはずっと同じパターンの曲しか書いていませんね、緩急の付け具合だけで。
このバージョンが良く聴けるのは、やっぱりセッションの特性である走ってる理由が大きいと思います。
この曲を現在のドラマーのバージョンで聴くと、ほんとその失われたものに気づきますね。
ライブなんかを聴いても92年から95年が彼らの最も脂の乗っていた時期だったと思い知らされるのですが、最近はソングライターとしていよいよ名人の芸に入ってきたノーマンの曲を聴く、楽しみがまだ残されているのだと思っています。

k-hikoさん、コメントをありがとうございます!

>ジェリーはずっと同じパターンの曲しか書いていませんね
まさにおっしゃる通りですね。ほとんど金太郎飴状態なんですけれど、取り憑かれたように惚れております。

相変わらず最新作などには手が伸びないのですけれど、1990年代前半の勢いには目を見張るものがありましたね。
2~3回は観に行ったことがあります。
最近、Brendan入りの企画ライヴがあったそうですね。やはり、その4人がTFCらしいなぁと感じてしまいますよ。

すかさずのフォロー、素敵です。
やっぱこの走り具合とスカスカ具合こそがアーリー90’s!という気がします。「ダイナソーJrへの英国からの回答」という謳い文句が一番似合っていた頃ですね。
最近の彼らにもあまり「成熟」といった言葉は似合いませんが、それでもこの頃から比べたらまるで別のバンドのようです。
耳から離れないようなグッドメロディを彼らにはまだまだ期待しちゃいます。

kura_moさんへ

kura_moさん、またまたコメントをありがとうございます!
ブリティッシュ・ロック名物のThe Peel Sessionsを含めたBBC音源もピンからキリまでありますが、ついつい揃えたくなってしまいますね。

『King』、『Bandwagonesque』までスカスカのヨレヨレが続いてそれ以降はググッと成長して行き、今でも現役なんですから大したものですよね。

『Songs From Northern Britain』も大好きには違いないのですけれど、結局1990年代前半に立ち返ってしまうんですよ。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。