FC2ブログ

The Move / The Move (1968)

themove
魅惑のブリティッシュ・ポップ、The Moveのデビュー・アルバムのご案内。『The Move』(1968)です。
英国ロック3大バンドには決して入らない彼らですけれど、5本の指には数えられそうでやっぱり漏れそうなそんな立ち位置かも知れません。


Motown Recordsなどからの影響を血肉化したR&B体質に折からのサイケデリックな意匠を頭からすっぽりと被ってアメリカ西海岸のサイケデリック・ロックまでをもカヴァー(Moby Grape)してみせるという強引なんだか器用なんだか支離滅裂なんだか、とにかく独特です。
この時点で才能を開花させたRoy Woodの存在が大きいかと思いきや、ほかのメンツも何かと個性的だったりするようですね。


本作ついては昨年ですか、豪華拡大2枚組となっての新装再発がありましたね。もともとの発売から悠に40年。未だにしつこく繰り返される再発の中でもいちばんの充実度に違いないですよね。
同じレーベルからは強力なボックス・セットも発売されましたし。


何でも本編の方はもともとのモノラル・ミックスを初めてリマスター化という触れ込み、2枚目には未発表のステレオ・ミックス曲がこれでもかと詰め込まれていますよ、と。
こうなると、是非とも早く手に入れたいものです。


改めてThe Moveを聴いて連想するのはやはり、Jerryfishでしょうか。実は最近、久しぶりに聴いたばかりなので大層なことを言えるはずがないのですけれど、Jellyfish自体がアメリカのロックっぽくないですよね。
端正で品位があって、小汚いギターバンド全盛の1990年代には似つかわしくない存在でしたのでデビュー・アルバムのアナログ盤なんかはとっとと売り飛ばしてしまってたんです。失敗しましたね。


翻ってThe Moveですよ、素晴らしきはポップかな。
良く使う言い回しですけれど、ブリティッシュ・ロックの裾野の広さというか層の厚さを見せつけてくれますね。
いちいちいやらしいくらいにポップなのが腹立たしい小憎らしいと言いましょうか。毒があってもなくても際どい人口甘味料の匂いがきつそうな変態ポップ・サイケデリアが満載です。


ポップ!
♪「Flowers In The Rain」The Move



ポップ!ポップ!
♪「Night Of Fear」The Move



ポップ!ポップ!ポップ!
♪「Fire Brigade」The Move



ポップ!ポップ!ポップ!ポップ!
♪「I Can Hear The Grass Grow」The Move




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ムーヴ(THE MOVE)/THE MOVE』 -1968年-

私は'''英国サイケ・ポップが大好き'''!毎度聴く度に、"はぁ~っ"とタメ息をつきながら酔いしれてます(笑)。 多分英国サイケ・ポップには、私が音楽に求める色んな要素が凝縮されているんだと思います。 '''瑞々しいメロ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うひょ~モノバージョンもリマスタ化ですか…あいや、これは欲しいですね…アナログのモノ盤はなかなか高い一品なので…

僕の場合はこのアルバムの他にもクイーンも好きなので、ジェリー・フィッシュは後追いながら聴いてました。この辺りのバンドも、案外ブックオフで安く拾えるんですね。助かりました(爆)

来た来た~♪

エントリーされるのを待っておりましたよぉ~♪
私の好きなロイ・ウッドとジェフ・リン。二人とも60年代の活躍のほうが好きだなぁ。
かたやTHE MOVE、かたやIDLE RACE。後のELOやその他グループでの活躍より60年代のキャリア・スタート時の才能爆発直前のごちゃ混ぜな才能が最高です♪
そしてTHE MOVEは特にこの1STがたまらなく好きです!全曲サイコー♪
でも豪華拡大2枚組は知りませんでした。こりゃあ無くなる前にゲットですねぇ~!!

ありゃま!

2枚組での再発ありますか!
昔って全然再発されないバンドでしたけど、今は真逆ですねぇ。
私はボックス止まりになりそうです・・・(欲しいですけど!)

ジェリーフィッシュのアナログは惜しいことされましたね(笑)

>毒があってもなくても際どい人口甘味料の匂いがきつそうな変態ポップ・サイケデリアが満載

これ笑いました。そのとーり!(笑)

いたちさんへ

いたちさん、どうもです!
コメントをありがとうございました。

この辺はいたちさんも大好きそうですねっ。言われてみれば、Queenと通じるポップ感覚がありそうですね~。Jerryfishも込みで納得です。

>うひょ~モノバージョンもリマスタ化ですか
何だか思った以上に相当、意義深いことのようですね。
恥ずかしながらそういう認識はないに等しかったので、どんどん購買意欲が!外せませんねぇ。

おいどんさんへ

おいどんさん、コメントとトラックバックをありがとうございました!
相変わらず、こちらからトラックバックを飛ばしても受け付けていただけない状態のようです。残念です、相性が良くなくて。

パソコンも絶不調なので、やっとのことでエントリしています。随分とお待たせしちゃいました。

今回の再発は史上最大の質量みたいですよ!さすがの40周年記念ですね。豪華過ぎますもん。
溢れる才能もToo Muchで変態的ですよね。そこが魅力だと声を大にして言っておきたいところです!

モスコさんへ

モスコさん、こんばんは!
コメントをありがとうございますね。

輸入盤CD、紙ジャケットCDとボーナス・トラックもいろいろで目眩を起こしそうです。否応無しにカモにされているような・・・。
これも人口甘味料のせいです、きっと!

>ジェリーフィッシュのアナログは惜しいことされましたね(笑)
痛いことしました。後悔、先に立たずですねぇ。
確かボーナス・ディスクに釣られてわざわざアナログ盤を購入した憶えがあります。
・・・今とやっていることがたいして変わりませんです。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード