スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heavenly / She Says (1992)

shesays




みんな大好きHeavenly




今月のHeavenlyです。
Heavenlyのアルバム未収録曲の中でも特に気に入っているM1「She Says」がA面に据えられた7インチ・シングルです。
憧れのThe Pastelsに倣って(Michael Nesmithのカヴァー、『Different Drum』ですね)K Recordsから出してみましたという1枚ですよ。


このジャケット・デザインは・・・、何でしょうね詳細不明です。せっかくのひな祭りだというのに歴代のジャケット・デザインの中でいちばん不細工です。
内容が良いだけにもっとましなものにして欲しかったなと。


その内容と言っても実は安易と言えば安易、嬉しいと言えば凄く嬉しいヴァージョン違いなのです。
M1「She Says」は演奏の慣れ具合から弱小レーベル、La-Di-Daのオムニバス盤、『Borobudur』(1990)収録曲の再録でしょう。


これがまた最高です。最高にHeavenlyなのです。やはり、Heavenlyの中でいちばん好きです。
ちょこまかと元気いっぱいな『Borobudur』版とは反対にゆったりとしていまして、Amelia Fletcherの表現力には母性すら感じさせるものがあります。あると思います。
裏ジャケットからも判る通り、未だCathy Rogersが加入していない4人組時代にもかかわらず、きちんとコーラス・ワークに工夫が凝らされているのです。こういう部分も聴きどころですね。


ちなみに手持ちの『Borobudur』は非常に残念なことに国内盤CDなので(これはこれで快挙ですけれど)、権利関係のためかFlippers Guitarの「Friends Again」が未収なので聴けず仕舞いです。さっさと編集盤でも買っとけよという話ですけれどね。


B面のM2「Escort Crash On Marston Street」の方はデビュー・アルバム、『Heavenly VS. Satan』(1991)収録の「Wish Me Gone」の歌詩を改作したものです。


原曲はやけに思いつめたように陰鬱なものだったのですけれど、今回は朗らかにあっけらかんと交通事故を歌にしてしまっています。しかも、わざわざ自分たちを犠牲者とする自虐ネタ。
Heavenlyは今夜、天国に召される”なんて駄洒落をかましてくれています。


Heavenlyがただ可憐なだけの乙女パンクだというのは大きく違いまして、酸いも甘いも噛み分けた辛辣で大人のポップ、だったりするのが良く判るシングルですよ。



実はM1「She Says」にまつわるちょいとイイ話がありまして。
1992年のHeavenlyの来日公演を観に行った時のことです。


開演のずっと前、昼過ぎに会場近くのレコード・ショップをうろついていた際にCathy Rogers & Rob Pursey組と遭遇したんです。
とりあえず交わした挨拶の後にCathy Rogersからリクエスト曲と名前を訊かれました。
あとはご想像の通り、その夜のライヴで実際に演奏してくれましたよ。


Cathy Rogersがたどたどしく“chitlinに捧げます”と嬉しいひと言を添えてくれたので、思わず赤面しながらも踊っておきました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相変わらずヘヴンリィに対しての愛が感じられる文章に思わずホロリです。

ああ~忘れてましたけど、これ、すげーイイ曲ですよね。なんでアルバムに入れなかったんだろ??信じられん。

そういえば、あの頃クアトロの入っていたビルはWaveがありましたから、俺も多数のミュージシャンに遭遇しました。ってことも思い出しました。懐かしいです。

はじめまして!

ブログへのコメント、ありがとうございました!
ご質問の件、書き込んでおきましたので、ご高覧ください!
そういえばクアトロのライブビデオ、家のどこかにあったはず?! VHSですが、探してみます!
いやはや、今時分、お互いこれだけheavenlyで盛り上がっているとは、本人たちもさぞかし本望でしょうね!
それだけエターナルな存在ってことでしょうか!

"みんな大好きHeavenly!"
"私も大好きHeavenly!"

Heavenlyを聴いているとホンマにほんわかしてきます。
まだまだ寒いですが、ココロの中だけは小春日和になっちゃいますね♪

kura_moさんへ

kura_moさん、こちらにもコメントをありがとうございますね。
こんな拙い文章でお恥ずかしい限りです。(汗)

とにかくにもこの曲、「She Says」があまりにも好きなので、シングルを2枚買ってしまったくらいです。全然、損ではないですからね!

あのパルコ、イギリスのインディー界隈では凄く噂になってたらしいですね~。
“ライヴ会場とレコード・ショップとホテルが一緒になってるぜ、おい”と。最後のホテルは誤解でしょうが、確かにいかにも東京っぽいですよね、こういう環境は。

私はクアトロで少年ナイフの美智枝さんにお会いしたことがあります。
BMX Banditsのライヴを観にいらしてたんですが、たまたま仕事で上京してたとかで。
ホント、懐かしいっす。

muselectionさんへ

muselectionさん、ようこそおいでくださいました!
今後とも宜しくお願いいたしますね。
いやはや、局地的に大盛り上がりですよぉ、後ろ向きかも知れませんが。(汗)どうぞ、大いに楽しんで行ってくださいませ~。

>クアトロのライブビデオ
これまた、驚きです!あるんですね、映像が!!
私も観てみたいですねぇ、是非とも。

ではでは、後ほど伺いますね。

おいどんさんへ

おいどんさん、どもども!
コメントをありがとうございますね!

やっぱり、戻って来るところはHeavenlyなんですよね~。
結局は彼女たちの微妙な立ち位置が我々を惹き付けるというか。
ある意味、プロフェッショナルじゃないなんて言われそうですが、そこがイイ訳ですしねっ。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。