スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aardvark / Aardvark (1970)

aardvark
初買いです。
先日、おもむろにディスクユニオン新宿プログレッシヴ・ロック館へと足を運びましてKansasの紙ジャケットCDを探してみたのですけれど、当然のことながら目当てのブツは見当たりませんでした。


代わりと言っちゃ何ですけれど、このプログレッシヴ・ヘヴィー・ロックの人気盤、Aardvarkの紙ジャケットCDを獲って来ましたよ。
Decca Records傘下のDeram Recordsに設けられたNova Seriesからたった1枚きりの『Aardvark』(1970)です。


コチラの異形のブリティッシュ・ブルース・ロックのBlack Cat Bonesと同門ですね。


音源だけは押さえていたものの、今頃になって新品が定価で手に入るとは思ってもみませんでしたよ。
性懲りもなく、今年1年も音楽に囚われの身という訳です。


意外と可愛らしいジャケット写真とは裏腹に奇抜というか特異というか、極めて独特の雰囲気が漂い変態的な個性が光るギタリスト不在の4人組。


いかにもブリティッシュ・ロックの好事家たちに惚れ込まれそうな古めかしく鈍い光りを放つ音使いが渋いですね。
変幻自在のハモンド・オルガン主体でして、こういう編成で演っているというだけでも自信の表れなのでしょうね。


とんでもなく重厚な音の塊が轟くM1「Copper Sunset」から打って変わって、案外と繊細な響きを醸し出すM2「Very Nice Of You To Call」、そしてまたビートが激しくのたうち回るM3「Many Things To Do」に長尺のM4「The Greencap」とA面に当たる前半は特にメリハリが効いているので飽きさせない作りとなっていますよ。


まだまだこの手のハードなプログレッシヴ・ロックには不馴れなものですので、本盤の聴き応えに勝るものもないのではと錯覚でもしてしまいそうになります。
目まぐるしいキーボード演奏に耳を傾けているだけでも楽しめるものです。


決して上手いとは言えない歌い方なだけに9分以上にも渡るM6「The Outing-Yes」のように混沌としながらもスリリングな演奏がより一層引き立つ塩梅ですね。
このM6「The Outing-Yes」から始まる後半には嵐が吹き荒れるが如きインプロヴィゼイションが織り込まれているのも特徴ですね。


新年早々、こんなにも面白い音盤にありつくことが出来るなんて出足がすこぶる快調です。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハモンド爆狂・・・AARDVARK

アードヴァーク(紙ジャケット仕様)1970年 昔、メロトロンを追う記事を無謀にも書きました。 無理やり終らせて、次はハモンドへGO[:GO!:]とばかりに、フレさん に薦められたのがこのバンド!・・・ やだ~~~ハモンドなんて、気ちがいじみてるし!!!! だ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、chitlinさん
「ELP」と「70年代の米国マイナー・プログレハード」は置いといて、『Aardvark』は英国にいそうでいない鍵盤弾き倒し!プログレハードの名盤です。聴くと非常に得した気分になりますね。
ところで、今年2月に日本EMIから再々発される米国プログレの大傑作Ethosの2作品も、Kansas同様、米国プログレの数少ないメジャー作品です。掛値無しのシビレるカッコ良さ!聴かれると快調、絶好調になりますよ。

出足好調ですね。初めてお目にかかるグループです。
ギター不在でハモンド・オルガン主体。それが織りなす特異で奇抜なサウンド。いやぁ~絶対にハマりそうです。
これは覚えておかなければ!

新年明けまして、おめでとうございます。

>まだまだこの手のハードなプログレッシヴ・ロックには不馴れなものですので、本盤の聴き応えに勝るものもないのではと錯覚でもしてしまいそうになります。

なかなかどうしてChitlinさん、聴く耳を持ってますよ!

クレシダやトレース、レアバード等、B級プログレ・オルガン・ハードには名盤? もたくさんあります。

間違いなく、これはそのうちの一枚。

こんばんは

このバンドはいわゆる聞かないと損するというタイプですね~
8曲目だったかな?爆狂なハモンドが凄すぎですね!何処にもない演奏かな?
このバンドは
BLOGやら無かったら聞けなかったバンドで
ほんと教えてもらって嬉しかったですね。

昔の記事ですが
TB送りました。

nicohoiさんへ

nicohoiさん、どうもです~。
コメントに感謝です!

名盤というのに納得です!聴けば聴くほど発見がありますね。
1枚きりというのも判るような気がしないでもないです。

>米国プログレの大傑作Ethosの2作品
うはっ、これは初耳です。情報をありがとうございます!
Ethosというグループ名ですか~、今の今まで知りませんでしたよ。Kansasの代わりと言っちゃ何ですが必買ですね!

おいどんさん

おいどんさん、コメントをありがとうございます!
いやー、何年越しだか忘れましたが喉のつかえが取れましたよ。助かった~。

おいどんさんにはあまりイギリスのプログレッシヴ・ハード・ロックの印象はないんですが、これは是非とも探していただきたいですよ。
いろいろな意味で稀に見る1枚ですんで!

DUにはまだ在庫がありますよ~。

遮断機さんへ

遮断機さん!
おめでとうございます、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

新年早々、お褒めいただきましてありがとうございますね!
それにしても嬉しい収穫でした。未だに紙ジャケットCDが手に入るとは。諦めていたもんですから。

>クレシダやトレース、レアバード等
Cressidaのデビュー・アルバムなら持っています。これも個性的ですよね!
あとは名前だけは知っていたりしますよ、まだまだお楽しみはこれからという感じですねぇ。ありがとうございました!

evergreenさんへ

evergreenさん、こんばんは!
コメントとトラックバックをありがとうございますね。
さすが、とっくにエントリなさっていたんですね~。
そして、さすがの人気盤ですね。

後半は特に混沌としていてエライことになってますよね。
名演というのではないですけど、聴き応えがあり過ぎといった具合で。
こんな演奏、確かにほかでは稀ですね!

次は、「デスオルガン」ですね!(笑)
http://blog.livedoor.jp/tommy6969/archives/27316283.html

Tommyさんへ

どうも、Tommyさん!
ひゃー、そうなんですか~!?
ちょっと頭の真ん中に留めておきますね。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。