FC2ブログ

Fat Tulips / Nostalgia (1992)

nostalgia
今は亡きFat Tulips、思い出したように聴いてしまうグループでもあります。
先月に取り上げました『What Do You Want A Japanese To Do?』(1992)にもきっちりと収録されていましたね。


この年の瀬にもかかわらず、Vinyl Japanから発売されました『Nostalgia』(1992)を取り上げてみます。5曲入りのEPですよ。


表題曲のM1「Nostalgia」、M2「Deadhead - Baby」は相変わらずの直線的なビートが特徴でして、いかにもFat Tulipsらしい胸の空くような楽曲なのですよ。
M2「Deadhead - Baby」での暴力的なまでのギター・サウンドは果たして心地良くさえあります。
この点はちょっとした聴きものですよ。


それでも、どうしてもTalulah Goshを連想させてしまうというのは否めませんけれど。それとも、これは聴く側の問題なのでしょうか。
それだけTalulah GoshHeavenlyの存在が大きいということなのでしょう、きっと。


アコースティック・ギターのストロークも軽快なM3「Last To Know」の郷愁感、M4「Into Space」が醸し出すしっとり感が、先ほどのジェットコースター的なM2「Deadhead - Baby」の疾走感とは対照的で、グループとしての成長が窺える訳なのですよ。
思いの外にこれは収穫でしたね。女の子ヴォーカルのギターバンドとしてもある意味、断然良い位置に付けていましたね。


それだけにM5「Copper」が蛇足に思えてならないのです。
この『Nostalgia』にあっては凡庸過ぎる1曲でして、残念な出来としか言いようがありません。惜しいですね、これまでの4曲ですでに完璧なのですよ。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード