スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pretty Things / The Pretty Things (1965)

prettythings
以前にエントリした『The British Invasion The History Of British Rock, Vol.5』(1996)というRhino Records編集のオムニバス盤にThe Pretty ThingsのM1「Roadrunner」Bo Diddleyが収録されていまして。
そんな訳で彼らの初アルバム、『The Pretty Things』(1965)を取り上げてみますね。


ぶっきらぼうでパンクなR&Bが何とも刺激的で痛快ですね。これはもうアメリカのガレージ・バンドと同じかそれらを超えんばかりの勢いで以て暴れたい放題のやりたい放題ではないですか。
カヴァー曲についてはBo Diddleyの4曲のほかにもChuck BerryJimmy Reedのものも含まれているのが興味深いですよね。


野生を露にしたPhil Mayの歌、性急なリズムにささくれ立ったブルース・ハープの音、やさぐれたギター音。何もかもが過激ですね。
R&Bやブルースを基調にしたガレージ・パンクなのかガレージ・サウンドを取り込んだ荒くれブリティッシュ・ビートなのか。
どちらでも良いのですけれど、聞き流しているだけであっても爽快ですよ。


気のせいなのでしょうか、CDに追加収録されたデビュー曲のM13「Rosalyn」をはじめとしてシングル曲の方にこそ横柄で暴力的な危ない雰囲気が充満しているくらいですね。


このThe Pretty Thingsと言いますと何にしてもThe Rolling Stonesの分派として有名なのかも知れませんね。
それでも逆にThe Rolling Stonesから縁を切った男、Dick Taylerの無頼派ぶりをこれでもかと堪能することが出来ますよ。



鮮烈なデビュー・シングル!
♪「Rosalyn / Big Boss Man」The Pretty Things



格好良いのひと言です。
♪「Roadrunner」The Pretty Things




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

the pretty things「pretty things」

イエス関連で、フラッシュにしようか、リック・ウェイクマンのソロにでもしようか…と迷った挙句、何気なくターン・テーブルに置いてみたthe pretty thingsにノックアウトされたので、無関係ですが彼らのファーストで(笑) プリティ・シングス+6(紙ジャケット仕様) ...

コメントの投稿

非公開コメント

元祖ガレージ

いやぁ~いつ聴いてもあり得ないカッコ良さ。確実にUSガレージ勢にとって彼らこそがバイブルであり教科書なのではと思ってます。
ダーティでワールドでクール♪こんなカッコ良いバンドが日本ではB級扱いなんですから悔し過ぎますよ!!

おいどんさんへ

おいどんさん、こんばんは~。
コメント感謝です。

歌い手の長髪を振り乱す姿なんかには痺れますね。当時は猥雑極まりない光景だったに違いないですねぇ。
ドラマーもすこぶる格好良い!
まさに衝撃的なガレージ・サウンドですね。

ガレージもよろしいな~、とネタ仕込みのヒントになりました。

上の動画で、どんな曲でも踊ってるこの時代にある意味憧れていたり…
と関係ない話をしてしまいましたが、プリティズはこのアルバムから入りました。ロードランナーのハーモニカ(フィル・メイのプレイ?)の思い切りのよさがいきなりカッコよかったです。
フィル・メイは後のインタビューで、ブルースは大好きだったけど、楽譜をなぞるようにコピーするのは大嫌いだったみたいで、ブルースに何か自分たちらしさを加えたかったそうです。
その後の再評価で、偉大なブルース・アルバムと評論家筋で賞賛されても、昔のブルース・メンの方がずっと偉大だ、と謙遜する姿勢も好感が持てました。

いたちさんへ

いたちさん、こちらにもコメントとトラックバックをありがとうございます!
まあ~、貴重な映像にヨダレが!ですよね。

おっしゃる通り、ブルースを自分たちのものにしていますよね。
言わば我流ブルースですけれど、これがまた猥雑で独特の魅力溢れるガレージ・サウンドですね。降参です。

>偉大なブルース・アルバムと評論家筋で賞賛されても、昔のブルース・メンの方がずっと偉大だ、と謙遜する姿勢
胸の空くようなイイ連中ですねぇ。
今も現役でしたっけ?いつまでも頑張って欲しいですし、手本であり続けて欲しいですね
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。