FC2ブログ

EMI Mods Collection (1996)

emimods
日本発の好企画編集盤、『EMI Mods Collection』(1996)のご案内です。
1960年代中頃のイギリス、サイケデリアが芽吹く直前のクラブ・バンドの音源をEMIとその系列レーベルから掬い取ったオムニバス盤CDです。


発売当時、未CD化ゆえに聴きたくても聴くことが叶わなかった音源を多数収録したその内容はと言いますと。
どこから切っても何から摘んでも、真っ黒です。


当然のようにR&Bやブルースの古典が数多くカヴァーされている訳ですけれども、有象無象の若者たちが未来に夢を馳せながらも薄暗い地下でもがいている姿をも見て取ることが出来ますよ。
モッズ、ですね。


有名どころのManfred Mann 、さすがです。
単なる人気グループかと思いきや、それこそ単なる勘違い。ブレイン・ドレインよろしく、演奏能力の高さは伊達ではありません。
やはり只者ではありませんね。


大御所のLong John Baldryもやはり、さすがですね。
貫禄が違いますよ。男臭さ満点です。


貫禄と言えば、The Zoot Money Big Roll Bandです。
購入当時、ずっと聴いてみたかったグループのひとつでした。
Marvin Gayeのカヴァー、M3「Stubborn Kind Of Fellow」がこれまた男前ですね。
演奏にいちばんまとまりがありますし、波打つグルーヴ感にこちらは思わず腰砕けです。


続きまして、Herbie Goins & The Night-TimersのM4「No.One In Your Heart」も忘れてはなりません。
灰汁の強さはほかの連中にひけを取らないばかりか雄大ささえ醸し出すという懐の深さが窺えるという訳の判らない魅力を備えています。
まったくいなせですね。好きな1曲です。


身軽なポップさをも身につけていたのがThe Shotgun Expressですね。
思わず繰り返し聴いてしまうM6「I Could Feel The Whole World Turning Around」には心底、参っています。
The Jeff Beck Groupに参戦する直前のRod Stewartも加わっていました、などということと無関係に華麗なストリングスが宙を舞い心くすぐられてしまいますよ。
ほかの顔触れも凄まじく、Peter BardensCamelPeter GreenMick Fleetwoodは勿論、Fleetwood Mac へと出世して行く訳ですよ。


黒光りした並みいる強豪の中にありまして、妙に目を惹いたのがThe Bo Street Runnersなのです。
M11「Tell Me What You're Gonna Do」、M12「And I Do Just What I Want」の2曲ともJames Brownの小気味良いカヴァーなのですけれど、若さ溢れる引き締まった音を鳴らしてくれていますよ。
とても頼もしいグループですね。


収録曲は以下の通りです。
M1「5-4-3-2-1」Manfred Mann
M2「Baby Never Say Good-Bye」The Bo Street Runners
M3「Stubborn Kind Of Fellow」The Zoot Money Big Roll Band
M4「No.One In Your Heart」Herbie Goins & The Night-Timers
M5「Linky Dink」Sounds Incorporated
M6「I Could Feel The Whole World Turning Around」The Shotgun Express
M7「Got My Mojo Working」Long John Baldry
M8「Bring It On Home To Me」The Zoot Money Big Roll Band
M9「Big Time Operator」The Zoot Money Big Roll Band
M10「The Many Faces Of Love」Paul Williams & The Zoot Money Band
M11「Tell Me What You're Gonna Do」The Bo Street Runners
M12「And I Do Just What I Want」The Bo Street Runners
M13「Get Out Of My Way」The Bo Street Runners
M14「Cock A Hoop」Manfred Mann
M15「Hubble Bubble」 Manfred Mann
M16「Cruisin'」Herbie Goins & The Night-Timers
M17「Comin' Home To You」Herbie Goins & The Night-Timers
M18「One Mint Julep」Sounds Incorporated
M19「Detroit」Sounds Incorporated
M20「Funny 'cos Neither Could I」 The Shotgun Express
M21「Indian Thing」The Shotgun Express
M22「Roll 'em Pete」Long John Baldry
M23「My Babe」 Long John Baldry


格好良いのひと言、です。
♪「No.One In Your Heart」Herbie Goins & The Night-Timers



若き日のRod Stewart、こりゃ堪りません。
♪「I Could Feel The Whole World Turning Around」The Shotgun Express




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お、懐かしい。
ズート・マネーの「Stubborn Kind Of Fellow」は、本家のマーヴィンより好きだったかも、です。

nyarome007さんへ

nyarome007さん、お久しぶりです。
コメントをありがとうございます!

これは格好良過ぎですよね。
紳士的な本家と比較して荒ぶる演奏にシビレまくりです。
ほかの連中も侮れず、最高の内容っす!

マンフレッド・マンのEMI期は完全にR&B、モッズですからね~。
フォンタナへ移るとサイケポップに変身しますが。

ズート・マネーはCD持ってるはずなんですが、探さないと見つからないです。

僕の部屋もカオス状態です。

遮断機さんへ

幻燈遮断機さん、どうもです。
コメント感謝です!このエントリにコメントしていただけるとは少し意外です。(失礼)

やはり、モッド野郎なManfredsが好きなのですよ。
何かしら動画を貼り付けておけば良かったですね~。
若くてピチピチした、ぢゃなくて元気溌剌な演奏の場面が山ほど転がっていそうですものねっ。と動画頼みになりそうです。
只今、出張中につき帰還後に探してみようかなと。

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード