スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Hush Records Story (1997)

hush
今回の出番は『The Hush Records Story』(1997)です。
今なお、安定したリリース量かつ充実し切った内容を誇るAce Records傘下のBig Beat Recordsの名物シリーズ、“Nuggets From The Golden State”からのオムニバス盤です。


折からのブリティッシュ・インヴェイジョンの影響も手伝いまして、1960年代中頃から後半のガレージ・バンドと言えば、勢いだけでぶっとばしている連中ばかりのような気がするのはあながち間違いではないでしょう。


更にはアルバム制作にまで至らなかったそんな有象無象のガレージ・バンドたちが放つ一瞬の煌めきに思わず鼻の下を伸ばしてしまう方々も数多くいっらしゃるはずです。
この『The Hush Records Story』というアメリカ西海岸の弱小レーベルを総括する編集盤にしましても例に漏れず、そうした好事家たちの需要を満たすであろう小振りな金塊がごろごろしているという訳です。


収録曲の大半を占めるSyndicate Of SoundWilliam Penn & The QuakersThe Broguesといった辺りが少しは名が知られていますし、やはり聴きものとなっておりますよ。
どれもブリティッシュ・インヴェイジョン経由のR&B色に染まりつつも、やけっぱちな空回りの成せる業ですね。


意外にも出色の出来なのが男女デュオ、Gerry & Leslieでたった1曲選ばれたM13「I Like That Girl」ですね。
この可憐で激しい1曲だけでも本盤の価値が高まること必至でしょう。


と言っているそばからM19「Nothing Matters NowThe Stop Signの甘酸っぱさにも特筆すべきものがあると声を大にして言っておかなくてはなりませんね、これは。


本家『Nuggets』(1972)にすら収録されていないにもかかわらず、無鉄砲な度胸に衝き動かされたガレージ・バンドが人目を忍ぶどころか一目を憚らずに跳梁跋扈している様子は何とも痛快ですね。


収録曲は下記の通りです。
M1「Little Girl」Syndicate Of Sound
M2「Get Outta My Life」Syndicate Of Sound
M3「Someday」The Brogues
M4「But Now I Find」The Brogues
M5「Believe Me」William Penn & The Quakers
M6「Hey Hey Hey」William Penn & The Quakers
M7「I Ain't No Miracle Worker」The Brogues
M8「Don't Shoot Me Down」The Brogues
M9「Looking For The Good Times (The Robot)」Syndicate Of Sound
M10「That Kind Of Man」Syndicate Of Sound
M11「Rumors」Syndicate Of Sound
M12「Say I Love You」Syndicate Of Sound
M13「I Like That Girl」Gerry & Leslie
M14「Ghost Of The Monks」William Penn & The Quakers
M15「Care Free (Demo)」William Penn & The Quakers
M16「Coming Up My Way (Demo)」William Penn & The Quakers
M17「Mary (Alt. Version)」Syndicate Of Sound
M18「Games」Syndicate Of Sound
M19「Nothing Matters Now」The Stop Sign
M20「Little Girl」William Penn & The Quakers
M21「Doctor Dear」The Diminished Fifth
M22「Do You Hear」The Diminished Fifth
M23「Saturday Night」Syndicate Of Sound
M24「Someday (Demo)」The Brogues



曲と動画の内容は直接には無関係です。(でもイケます)
♪「I Ain't No Miracle Worker」The Brogues




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ジャケットからしてソソりますねぇ。この時代のコンピ大好きです。しかし悔しい事に知らないグループばかりだなぁ。コンピは知らないグループばかりのものを買うのに限ると思ってます。まぁ知ってる曲ばかりのコンピを買う人はいないと思いますが(笑)。コレ良さそうですね。見かけたらゲットします!

おいどんさんの言う通りで、ジャケットのセンスがいかにもサイケコンピらしくてカッコイイですね。

確かにこの手の編集盤って無性に聴きたくなるときがあります。

僕も先日ブラジル・サイケもののコンピを買いました。^^

理由は「知ってる曲が一曲も入ってないだろうから」。

とばすぜハイウェイが「ぶっとばすぜハイウェイ」にパワーアップしてますねー!

これからも寄らせていただきます。

おいどんさんへ

おいどんさん、こんばんはー。
コメントをありがとうございます!

Big Beat盤にもハズレが少ないのでとりあえずでもイケますよ~、きっと。
ずばり、スグレものです!
こういう編集盤の良いところはやはり未知の音との出逢いですよねぇ。
意外と重宝しておりますです。

幻燈遮断機さんへ

幻燈さん、またまたコメントをありがとうございます!

この手のモノはジャケット・デザインにも左右されてしまいますよね~。
グループ写真自体は妙にかしこまっていて、案外つまらなかったりしますものね。

ブラジリアン・サイケデリック・ロックも侮れなさそうですね!
Traffic SoundとかOs Mutantesくらいしか名前を覚えていられないのですけど。(汗)

引っ越ししてから、いつもよりも多めに回しておりす~!、がモットーですっ。(←思い付き)

あーっと、Traffic Soundはペルーのグループでした。(汗)
失礼いたしました。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。