FC2ブログ

Sebadoh / The Freed Man (1989)

thefreedman
ついでのついでにSebadohの『The Freed Man』(1989)を取り上げてみましょう。
Dinosaur Jr.に在籍中の1980年代中頃からLou BarlowEric Gaffneyと組んでいた宅録グループの最初のアルバムです。


現在のLou Barlowの原点とも言える作品集でして、やはり最初はカセット・テープの形で販売されていたのが何年か前に52曲入りという無茶な豪華リマスター仕様CDで再発売されたのです。


CD1枚に52曲(!)ですから当然、楽曲自体は短くアイディア段階の素描のようなものですし、音質も荒いままです。
いくらLou Barlowに歌心が溢れているからと言っても、ほとんどテープ操作のお遊びに終始していたり「Yellow SubmarineThe Beatlesをドシャメシャにカヴァーしてみせたりとダイヤモンドの原石と呼ぶには程遠い代物も転がっています。


数打ちゃ当たるということでもなく、それでもやはりその断片にはきらりと輝くものが散らばっていまして、その単純で朴訥としたギターの弾き語りが他所では味わうことの出来ない唯一無二の魅力であると断言します。
それに各曲が細切れ故に最後までサクッと聴き通すのも苦ではありませんよ。


日常のひとコマをさり気なく切り取っては淡々と歌い続けるLou Barlowが、その最初から才能に恵まれたミュージシャンだと再確認させてくれるアルバムですね、これは。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード