FC2ブログ

Galaxie 500 / Today (1988)

today
Galaxie 500。大好きなグループです。
1990年前後に活躍したギターバンドの中でも特に好きな連中です。


アルバムで言えば3枚きり、ベスト盤を除けばあとはレア・トラック集やらライヴ盤、BBC音源集を1枚ずつ遺しただけなので振り返り易いということもありますしね。


今回、紙ジャケットCD化記念として改めて1枚目のアルバムに当たるこの『Today』(1988)を聴いてみましたら目から鱗がぼろぼろと剥げ落ちて行きました。
いちばん最初に聴いた次作の『On Fire』(1989)の出来映えが良過ぎることもありまして、いつしか本盤のことを何とはなしに軽んじてしまっていたようです。


完成度といった点ではやはりその『On Fire』に及ばないとしても、最初からGalaxie 500たる音世界が打ち出されていたということが如実に感じられます。
実に生々しいバンド演奏が捉えられているのです。


何と言いましてもDean Warehamが奏でるギターの音色が魅力的ですね、とても。
サイケデリックな煌めきを醸し出しつつ、そこには抗えない何か熱いものがあります。
緩みに緩んだ彼の歌と同時に揺らめくこの蒼白い炎のようなギターの音色はしかし、足元のおぼつかない不安定なバンド演奏と相俟って聴き手の心を、魂を揺さぶってくれます。


そうです、演奏自体は稚拙で酷いものなのかも知れません。ましてやDean Warehamの歌声と来ましたら、腹を立ててちゃぶ台を引っくり返してしまう人が続出でしょう。


それでも、今なお根強い人気の秘密のひとつとして挙げることが出来るのが音作りにおける全面的な後ろ盾を買って出たKramerの存在ですね。
変態レーベルの名を欲しいままにするShimmy Disc Records(廃業のため現在はSecond Shimmy Disc Records)主宰にしてUSオルタナティヴの裏番長、Kramerとの出逢いがなければ彼らにしても学生バンドの延長でその先もたかが知れていたのかも知れません。


何しろ、初めてGalaxie 500の演奏を目の当たりにした彼は頭のおかしな連中だと思ったとか思わなかったとか。確かにデビュー・シングルのA面曲に当たるM9「Tugboat」を聴いていますと納得することが出来るような。
人生、どう転がるか判らないものですね。


そんな訳でいち度でもその深みに嵌ってしまうと厄介なことになること請け合いのGalaxie 500
こんな素敵な音楽を敢えてお薦めすることはありません。怪我して帰っていただくことにもなりかねませんので。


本当に素敵なグループです。
♪「Tugboat」Galaxie 500







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

きたきたーGALAXIE 500
うへーい、世界で一番好きなバンドです。

ディーンさんのギターと声最高ですよね
もう私は怪我どころが重体状態です・・・

次はON FIRE, THIS IS OUR MUSICと続くよかーん

よつばさんへ

よつばさん、こんばんはー。お暑うございます。
コメントをありがとうございますね!
同じく重体のchitlinです。

来日公演キャンセルの雑誌記事からその存在を知って、解散直後に聴き始めたのでエラそうなこと言えないのですが、やはりこのトリオは最強ですね!

リズム隊の仲睦まじさはともかく、あの歌とギターがこの胸の奥に深く刻まれたままです。
Lunaもまとも聴いていないくらいなんです。

The Flaming Lipsからの連投で精魂尽き果てちゃいましたので残りは後日というこでご勘弁を!
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード