FC2ブログ

Pixies / Trompe Le Monde (1991)

trompelemonde
Pixiesの4作目にして最後のアルバム、『Trompe Le Monde』(1991)の出番です。
前作『Bossanova』(1990)の風変わりなサイファイ・サーフ・パンクからどう脱皮して今度は何だろと勘ぐる暇も与えぬ全15曲、密度が非常に濃いです。


全体の流れを重視しているのか、曲間を置かずに息もつかせず矢継ぎ早に畳み掛ける疾風怒濤の構成が痛快ですね。
しかも、相変わらずRamones並に2分台という短さで曲調もばらばら。
ファンクにパンク、スパニッシュやらThe Jesus And Mary Chainのカヴァーありと。お祭りかと。


まずはエッジの効いたギター、ひしゃげたヴォーカルが猛威を振るうシングル曲、M2「Planet Of Sound」に持って行かれてしまいますよ。


尖り具合も相変わらずですけれど、Black Francisのその重量感溢れる肉体同様に余裕すら感じられますし。
1年に1枚のペースでよくもこんなにも刺激的なアルバム作品を作り上げ続けてしまうのですから、そういう意味でも脂が乗っていましたね。


最後のM15「The Navajo Know」のひとつ手前のM14「Motorway To Roswell」には一抹の寂しささえ感じてしまうのですけれども、聴いている方はまさか解散するなんてことを想像だにしていませんでしたからね。


研ぎ澄まされてはいるものの、キーボードを導入し厚みと幅を持たせたお陰で隙間という隙間を塗り込め過ぎてしまったことは否めないようです。
この辺が受け入れられ難い関門なのかも知れません、って他人事ではなくて。


そのほかにも気付いたこともありまして。
真夏に聴くものではないなと。



国内盤CDには1989年のシカゴでのライヴ音源が追加収録されていまして嬉しいものですね。


M16「Bone Machine」、M17「Cactus」、M18「Debaser」、M19「Gouge Away」の4曲なのですけれど、もともとは7曲入りのプロモーション盤の音源とのこと。
さすがによく出来ていますよ。


この『Trompe Le Monde』と比べてしまえば、そこはやはり漲る緊張感が段違いです。
こうしてライヴ演奏もしっかりしているのが判りますし、Pixiesがいかに良いグループなのかが身に染みるってところですね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

クロスビートかなんかで、ピクシーズがへヴィーメタルのアルバムを作っていると書いてあったのを記憶してますが、ハードな"Planet Of Sound"がそんな感じかもと思いながらも、ちょっと違うとおもってました。(笑

The Jesus And Mary Chainのカヴァーはピクシーズの方が格好よいと思いますが、アルバム全体としては前作よりもわかり易い感じかなと思います。

オオシマさんへ

オオシマさん、どもども!
コメントをありがとうございますね。

私も『クロスビート』誌を隅々まで舐めるように読んでいましたよ、懐かしいっ。
そうそう、ヘヴィーメタルからは遠い音ですよね、結局。

>The Jesus And Mary Chainのカヴァーはピクシーズの方が格好よい
おお、同感ですよ。『Automatic』なら1度売り払ってしまって、それきりなのです。
紙ジャケットCDもスルーですね、今のところは。

『Bossanova』もポップに振れていた方だと思いますが、本作の方がもっと耳当たりがイイですよね。
適わないことですけれど、次のアルバムはどうなるのだろうと妄想したくなります。いえ、したくなってましたね~。(過去形)
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード