FC2ブログ

The Springfields / Reach For The Stars (1991)

reachforthestars
The Springfieldsという良質なギターポップを奏でるグループの再登場です。
当時の地道にシングル盤を発売しているその草の根の活動に誇りさえ感じていました。


こちらの7インチ・シングルは先のエントリにてご案内したSeminal Twang Records盤と曲順が異なるだけのSummershine Records盤です。
つまりはM3「Tranquil」の代わりに M1「Reach For The Stars」をA面に持って来たという訳なのです。


1991年にVelvet Crushとして来日公演を行った際に前座を務めたのが、彼らの別ユニットであるThe Springfieldsでした。前座も自前で賄うという大車輪の活躍です。唯一のファン・クラブが日本にあった訳ですから、やり甲斐も十分にあったことでしょう。


当時のVelvet Crushは、以前からThe Springfieldsに参加していたギタリストのDavid GibbsGigolo Auntsから迎えることで音に厚みを持たせていました。


この時にはRic MenckDavid Gibbsのふたりだけの準アコースティック・セットを披露してくれました。
丁寧な演奏の「The Gentle Breeze」が印象に残っています。もっともこの「The Gentle Breeze」はVelvet Crushの『The Post-Greatness EP』(1992)収録のB面曲ではありますけれども。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

1991年の公演に行かれたのですか?羨ましいお話です。
確かに前座も自前で賄っていますね~面白いです。

Sarahのシングルを1枚しか持っていないので、この掲載盤も非常に興味があります。

redsさんへ

redsさん、こちらにもコメントをありがとうございます!

来日公演は結局、その1回しか観に行かなかったんですよ。凄く楽しかったっすね~。Ricがイイ人でした!

もう今はそんなに聴いていないですが、この時期は7インチも夢中になって聴き漁っていたんですよ。7インチだと気軽に選べて、ジャケットも可愛かったりしますもんね。

Velvet Crushのふたりは今頃、何してるんでしょうね~?
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード