FC2ブログ

Led Zeppelin / Led Zeppelin � (1971)

ledzeppelin4

めげることなくLed Zeppelinに挑んでみましょう。
今回は勿論、Led Zeppelinの1971年に発売された4枚目のアルバムについてです。


問答無用にして比類なき傑作、であることを今さらながら改めて思い知らされました。
いち度は売り払ってしまったことを悔やむばかりという始末です。


初っ端のM1「Black Dog」からして衝撃的です。
歌との掛け合いになっている積み重ねられたギター・リフがしかし、強靭なリズムを刻むドラムスに対して段々にずれて行くという居心地の悪さが気持ち良いのです。


最高にロックン・ロールしているとしか言いようのないのが続くM2「Rock And Roll」です。
何なのでしょうね、このノリ、この突進力は。
こんなにもグルーヴィーなロックン・ロールは他所では見当たりませんよ。


もはやM4「Stairway To Heaven」については何も申し上げることがございません。
気恥ずかしいものの、ただ“To Be A Rock, Not To Roll”とだけ・・・。


後半では1曲のみ挙げさせてもらいます。
M7「Going To California」です。
これまた素晴らしい、そして何という美しさ。
M8「When The Levee Breaks」でのあまりにも重たいドラムスの響きとは見事なまでに対照的な健やかさです。


また、それだけでなく特筆すべきは息苦しいくらいに充満する色香でしょう。
Robert Plantが漢の中の漢に思えてなりません。


情けないことに今の今までこの楽曲の存在にほとんど気が付きませんでしたが、今回のいちばんの収穫です。


Led Zeppelin』(1969)にも『Led Zeppelin III』(1970)にも驚かされましたけれども、M3「The Battle Of Evermore」にはSandy Dennyが参加しておりますし、絶妙に硬軟織り交ぜられたアルバムとしての完成度が矢鱈と高過ぎる本盤には参りました。
謝ります。ごめんなさい。



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゆるぎないROCKとは・・・! LED ZEPPELIN ?

Led Zeppelin IV[:聞き耳を立てる:]試聴 1. Black dog 2. Rock \'n\' roll 3. Battle of Evermore 4. Stairway to Heaven 5. Misty mountain hop 6. Four sticks 7. Going to California 8. When the levee breaks [:桜:]新しいことを始

コメントの投稿

非公開コメント

すごいです・・・

一気にZEPを書くなんて
凄いですよ!
このアルバムはなんにも言うことないけど
Stairway to・・・
ばっかし注目されちゃって・・・
このアルバムは彼らの1~3までのオサライみたいなとこもあって、聴き所満載だと思いますね。
ペイジが異様に醒めてません?

evergreenさんへ

evergreenさん、こちらにもコメントをありがとうございますね!

いえいえ、ここのところ毎晩のように四苦八苦しているだけなのですよ~。

言われてみれば・・・。
妙に達観したようなところを感じます。
おさらいしつつ、もう一段上の高みへと冷静に登り詰めてしまったという印象がありますです。

私の場合、本作の方が手の届かない遠くへ行ってしまった感があるかも知れませんね~。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード