スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村カエラ / +1 (2008)

+1

木村カエラの新作アルバム、『+1』(2008)を通勤時に少しずつ聴いています。
発売とほぼ同時に新譜を購入してしまうなんてことは珍しいのです。最近、どうかしているのかも知れません。


全体的にポップな傾向に振れつつ、従来通りの硬派路線を踏襲しているという印象を抱きました。
同時にバンド・サウンドを意識させているというか強調しているという部分が確実にあるとも。


M7「Samantha」からM4「STARs」といったいろいろな表情を読み取ることの出来る一連のシングル曲が浮き上がっているのはどうしようもないことです。


そういったことなど気にせずに気軽に接してみますとそれはそれで楽しんで過ごせる訳ではあります。それで良いと思いました。


それから、とっちらかった感もありつつとてもめりはりの利いた音がそこらじゅうで弾け飛んでいるのですけど、堂々と渡り合っている彼女の歌声が今回も元気いっぱいで胸の空くような思いになりますね。


いちばんの好みはと言いますと、柔らかい感触を醸し出すM10「Humpty Dumpty」でしょうか。
こういうどこか儚げな編曲に無理も感じられませんし、むしろ大歓迎なのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これ行っちゃった方がいいんですか?車買ったけれど行った方がいいんでしょうか?

ああ、perfumeの例もあるし・・・

ぷく師匠へ

ぷく師匠、こんばんは!
コメントをありがとうございます。
BMWの調子はいかかでしょうかー?(←勝手に決めつけ攻撃っ)

何だか微妙な内容のエントリになってしまいましたが、聴き応えはあると思いますよ。
カエラの頑張りぶりにも目を見張るものがあります。
やはり、シングル曲群の出来が際立っているので今まで我慢して来た甲斐がありましたし。

それでも、Perfumeの新譜と同時期というのは分が悪いとしか言いようがありませんです。
よって、加齢にじゃなくって華麗にスルーしても良いと思いますよ。
でも、DVD付きってのがポイントですよね~。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。