FC2ブログ

Freda Payne / Band Of Gold (Best of Freda Payne) (2000)

fredapayne

今回の主役、Freda Payneと言いますとInvictus Records版のDiana Rossと目される訳です。
そんな歌姫による24曲収録のこのベスト盤、『Band Of Gold (Best of Freda Payne)』(2000)で以て胸いっぱい腹いっぱいなのです。


夢の続き、ではないでしょうけれどBrian HollandLamont Dozier、そしてEdward Holland, Jr.の3人が心機一転、地元のデトロイトで立ち上げたInvictus Recordsで最盛期のMotown Recordsをなぞっているように見えるのは勿論のこと、聴き手としても重ね合わせようとしてしまうのも無理からぬことでしょう。


Freda Payneの歌はやや線が細いものの、ポピュラー・ジャズ上がりとのことから上手さはあります。
そして、何より若く颯爽とした歌い口が際立ちます。


収録曲について。所謂、M11「Cherish What Is Dear To You (While It's Near To You)」や12「I Shall Not Be Moved」、M24「We've Gotta Find A Way Back To Love」といった有名曲以外にしても鮮度が違いますね。
歯切れの良いかっちりとした抜かりのない音の作りです。


それでも困ったことに24曲も収録されていますとなかなかおかわりする気にはなれませんし、下手をするといっぺんに聴き通すことが辛かったりする始末なのです。
溌剌としたヤング・ソウルという側面には、やはり深みに欠けるという点がどうしてもついて回ってしまいますので。



麗しの70年代ソウルをどうぞ。
♪「Deeper And Deeper」Freda Payne




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

We've Gotta Find A Way Back To Love/Freda Payne

1973年にリリースされたアルバム『REACHING OUT』に収録。 Freda Payne(フリーダ・ペイン)はミシガン州デトロイト出身で、1964年にジャズシンガーとしてデビュー。1969年、The Supremes(シュプリームス)の「Stop! In the Name of Love」、「You Can't Hurry Love」な

コメントの投稿

非公開コメント

大好きなフレッダ・ペインの紹介記事でうれしいです。
1枚もののベストだとそれはそれは強力な選曲なのでしょうね。疲れるのも分かります。(笑)

しかしですね、この時期のインヴィクタスはアルバムはシングルとバージョン違いだったり、曲と曲がつながっていたりとアルバムならではの楽しみもあったりします。他のインヴィクタスのアーティストはベストものをよく聴きますが、フレッダ・ペインは個人的にはオリジナルアルバムが大好きです。

スワンさんへ

スワンさん、こちらにもコメントをありがとうございます!

>この時期のインヴィクタスはアルバムはシングルとバージョン違いだったり、曲と曲がつながっていたりとアルバムならではの楽しみもあったりします
これは目から鱗です。そうだったんですかー?いや、イイことを教わりました。ありがとうございますね。

それにしても、彼女、可愛い声してますね。美貌の持ち主でしたし。(←過去形・・・)
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード