スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Traffic / John Barleycorn Must Die (1970)

johnbarleycornmustdie

久々に古のブリティッシュ・ロックに少しでも触れてみようかと思い立ちまして、選んでみたのがTrafficのこの『John Barleycorn Must Die』(1970)です。


聴いて楽しい、というよりも作品としての奥ゆかしさに感じ入ってしまうと言いましょうか呆気に取られてしまうと言いましょうか。
何にせよ音楽作品としての豊穣さに舌を巻くほかないのですよ。


どうしてもSteve Winwoodに耳目が集中するのはともかくといたしまして。
メンバー間の有機的な絡み具合も相当な聞き物ですね。


初期Trafficとて例外でなく、時期的にサイケデリックの意匠を凝らした『Mr. Fantasy』(1967)のような作品からブルース(・ロック)へと傾倒して行く流れというのが当時としては決して珍しくなかったことでしょう。


それにしても、本作が土臭いアメリカの音楽をここまで血肉として昇華させるとなりますと逆に腰が引けるくらいです。
R&Bは勿論のことジャズをも飲み込んだうえでのブリティッシュ・ロックとしての香り高さが堪りません。


また、伝承歌を下敷きとした表題曲M5「John Barleycorn Must Die」などはアルバム全体に輪をかけて深みを与えてしますしね。
聴き初めの頃には判然としなかったその渋さがようやく判る、ようになって来ました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実はトラフィックが好きなぷくちゃんです。

>R&Bは勿論のことジャズをも飲み込んだうえでのブリティッシュ・ロックとしての香り高さが堪りません。

冴えていますね。相変わらず。本当、ウィンウッドって黒く聞こえても、南部を感じさせても結局ブリティッシュ。恐ろしいものだと感じています。

はじめまして

名盤ですよね。
「黒く聞こえても、南部を感じさせても結局ブリティッシュ」というのはまったく同感です。
あと、いろんなジャンルが混ざってきても、テクニカルなところは全然なくて、あくまでも素朴に、シンプルに表現するのがトラフィック流、ウィンウッド流だなあ、といつも思います。
新作もすばらしいです。

コレすきなアルバムです

これ、好きなアルバムです。タイトル曲の「John Barleycorn Must Die」はいつだったか、SF映画『ニルヴァーナ』で印象的な使われ方をしましたよね。名曲です。

ぷく師匠へ

ぷく師匠、どうもです!
意表を突いたコメントをありがとうございます。

>実はトラフィックが好き
全然、存じ上げなくって。あまり言及されている場面に遭遇していないもんですから。
Paul Wellerの発言に「Stevieと名の付くミュージシャンとなら共演したい」とか何とかってのがありました。
Steve WinwoodほかにStevie WonderとSteve Marriottのことですね。

聴き続けていましたら、いつの魔にやら耳に馴染んで来た次第なんです。
ホント、ブリティッシュ・ロックを代表する才能溢れる人ですね!(ほかのメンバーも凄いですけど)

fatpowerさんへ

fatpowerさん、はじめまして!
コメントをくださいまして、ありがとうございますね。
今後ともよろしくお願い申し上げます!

どう転んでも独特のブリティッシュ・ロックとして成立してしまうと言いましょうか、なってしまうんですね。きっと。
おっしゃるように素朴さというのもポイントですね。
無理なく聞かせるというのも才能の成せる業ですよねぇ。

Cottonwoodhillさんへ

Cottonwoodhillさん、こんばんは!
コメントをありがとうございますね。

>SF映画『ニルヴァーナ』
そういう映画があるんですかー。
SFには似つかわしいタイトルのような気がしますです。

それにしてもこのアルバム、人気がありますね!
今度は遡ってほかの作品もどんどん聴きたくなりました。どういう成長の過程を辿ったのかとか興味深いところです。

ウィンウッド!

トラフィック大好き!ウィンウッド大好き!そしてそれ以上にマリオットが大好きです(笑)。
マリオットは置いておいてウィンウッドってつくづく天才だと思います。スペンサー・デイヴィス・グループでデビューしていきなり神童扱いですからね。天は彼に2分を与えましたよ。マジで。
ウィンウッドと言えばS.D.G.よりソロよりやはりトラフィック時代が最高のように思います。

おいどんさんへ

おいどんさん、こんばんは!
コメントをありがとうございます!!

おいどんさんも随分とお好きなのですね~。
判ります、私もSDGのベスト盤を初めて聴いたときには思い切り驚きましたもん。
黒い喉には度肝を抜かれました!

私の場合、ソロ作はもとよりTraffic時代もこれから、ってな具合なので楽しみしておきます。

それにしても、凄まじい時代だったんですね。
Steve Marriottという凄いシンガーも居た訳ですので!

トラフィックは全作素晴らしいですが、やはりコレは上から数えたほうが早い傑作ですね。
ジャムバンドにハマっていた頃にはこのアルバムもホントよく聴いたんですが、最近はこの長尺さがイマイチ、とかバチあたりなことも感じます。
久しぶりに聴き返してみましょうかね。

kura_moさんへ

kura_moさん、どうもです!
コメントをありがとうございますね。

想像以上にTrafficって人気があるんですね。(汗)
みくびっていた訳ではなくて、初期のサイケ風味で腹いっぱい状態だったんです。
それに割と最近になってから聴き始めましたので、この長尺ぶりというは新鮮なんですよ。

やはり、凄いグループなんですね!
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。