FC2ブログ

Velvet Crush / Ash And Earth (1991)

ashandearth

今回もVelvet Crushの登場です。
先日の『If Not True』(1990)に続いてBus Stop Recordsから発売されたお徳な4曲入りの7インチ盤、『Ash And Earth』(1991)です。


実際には『The Soul Crusher E.P.』(1991)とまったく同じ内容にして同年発売のデビュー・アルバム、『In The Presence of Greatness』に先駆ける形でしたね。


便宜上、表題に挙げたM1「Ash And Earth」のみが件の『In The Presence of Greatness』に収録されていまして、ワウ・ペダルを踏みっ放しでありながら何とも青臭くてほろ苦い1曲です。


M2「Circling The Sun」は小気味よく疾走感に溢れ、このまま埋もれさせておくのが惜しいほどの佳曲です。
A面の1曲目に相応しいくらいだと感情移入してしまいますよ。


M3「Everything Flows」はご存知、Teenage Fanclubの初期の代表曲です。
若者が抱えるやるせなさを体現した、彼らの全キャリアを通しても外せない1曲です。
このVelvet Crush版を先に聴いていたために、実は今でもこちらのB面1曲目に凄く馴染みがあるのです。


M4「She Cracked」は先日The Modern Loversのデビュー盤、『The Modern Lovers』(1976)に収録された楽曲のカヴァーです。
ブレイクの後、Jonathan Richmanたちの演奏よりも滑らかに元の流れへと収斂して行く当たりにVelvet Crushらしさが表れているのではないでしょうか。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ヴェルクラシリーズいいですね。懐かしくって泣きそうです。笑
この盤は俺はSeminal Twang(ジャド・フェアのイラストがイカス)のCDシングルで持っていましたよ。
このジャケ初めてみました。バイクのジャケのやつが「The Soul Crusher E.P」でしたっけ?
「Circling The Sun」には当時狂喜しましたねー。なんていい曲!て。

kura_moさんへ

kura_moさん、こんばんは!
コメントをありがとうございますね。

はい、懐かしさでいっぱいですよね。
私の場合は鼻から涙じゃなくて鼻水が・・・。

はい、無駄に3種類とも購入してしまいました。
1stアルバムを最初に聴いて感激!→Vinyl Japanに駆け込みエサ箱を襲撃、でした。

はい、Jadの切り絵ジャケもイイですけれど『The Soul Crusher E.P.』の単車ジャケがお気に入りです。

はい、「Circling The Sun」が密かに最高っすね!
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード