スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももいろクローバーZ / 桃神祭2015 エコパスタジアム大会〜遠州大騒儀〜

ももいろクローバーZの『桃神祭2015 エコパスタジアム大会〜遠州大騒儀〜』をライヴビューイングで観て参りました。2日目に当たる8月1日開催の分です。


初日の金曜日、さすがに平日に静岡県にまで乗り込ん行くのは厳しいですし、当の2日目にしてもライヴビューイングで済ませておこうという腹積もり。実際に映画館で視聴していると現地に行ってみたいという衝動に駆られるのも後の祭り。そのくらいに現場の雰囲気が魅力的に感じられました。
また、放水を浴びてみたいですね。


前年と同様に日本各地の祭りが一同に会すという趣旨に則った『桃神祭』。まずは和風な「overture 〜ももいろクローバーZ参上!!」で出足も好調。
続く「夢の浮世に咲いてみな」では勿論、ダウンタウンももクロバンドによる分厚い演奏が冴え渡っているので初っ端から思わず感激してしまいましたよ。


意外な選曲の「全力少女」から更に意外なカヴァー曲の「Rock and Roll All Nite」。そして、夏と言えば外すことの出来ない「ワニとシャンプー」という定番曲。
持ち歌が増えることで選曲の自由度が高まってそれが裏目に出ることもあるんでしょうかね。基調となる太い幹をバカ騒ぎに求める方が野暮というものでしょうか。


いつもの自己紹介を挟んでからの「Link Link」、「サラバ、愛しき悲しみたちよ」、耳が慣れて来た「Zの誓い」と進んで行きます。


これまた夏の定番曲、「ココ☆ナツ」でのももいろクローバーZの5人自らによる放水も大きな見せ場。次の「Chai Maxx」を始めとして今回も和楽器の存在が大きいものでした。合計19人からなる和楽器隊ということで演奏面において相変わらず出し惜しみしようとしない部分は好印象です。


ちょっとした休憩時間というところでリーダー、百田夏菜子ちゃっきり節に少しだけ参加するという余興が嬉しかったですね。リーダーの凱旋公演でもありますしね。


公演の予行演習中に左腕を骨折しまった高城れにを中心とした「ももいろ太鼓どどんが節」に続いて「泣いてもいいんだよ」とつつがなく進行しているかのように見えていたんですが、ここに来て茶番劇の始まりですよ。
 『バトルフィーバーJ』でのケニア役でもあり『宇宙刑事ギャバン』のギャバン役を演じた大葉健二率いる悪の組織、地獄のスパルタ・ヘルブラック団がステージを一時的に占拠。鬼気迫る百田夏菜子の演技に笑けて来てしまいましたが、そんなところへ今度はあの舘ひろしが颯爽と登場して地獄のスパルタ・ヘルブラック団を直ちに撃破。『あぶない刑事』ですね。


そのまま「泣かないで」を歌ってももいろクローバーZの5人と会場中を腰砕けにさせるという舘ひろしの男前度に震撼。そして、中断された「泣いてもいいんだよ」を一緒に歌い直すという贅沢な演出。箱推し宣言も飛び出したものの、何でも年明けに主演映画が公開されるので、その宣伝のために出演してくださったと。


恋い焦がれた舘ひろしが軽やかにステージを去るとそんな高城れにが咳き込んで「黒い週末」へと雪崩れ込みます。意外と好きです、こういう流れ。
次の「ツヨクツヨク」も夏場では特に盛り上がりますね。


青春賦」で本編を締め括りまして、アンコールは「ピンキージョーンズ」で幕を開けるというもの。


ここでまた突如として南国ピーナッツこと松崎しげるがスタンド席の最上階に現れて名曲、「愛のメモリー」を歌い上げるといういつものあれですよ。もはや、風物詩ですね。
曲中において、来年の2月17日に3枚目のアルバムが発売されることとそれに合わせた5大ドームツアーを開催することが発表されました。
加えて4枚目のアルバムも同日発売されることも発表されましたが、こんなことは前代未聞だと思ったもののGuns N' Rosesの『Use Your Illusion l』と『Use Your Illusion ll』と同じようなものでしょうかね。『桃神祭2015 エコパスタジアム大会〜遠州大騒儀〜』の初日に前山田健一と和解を果たしたので曲数には心配ありませんが。


いよいよというところで実際には桃黒亭一門名義による「ニッポン笑顔百景」、しっとりと聴かせる「キミノアト」と来まして、最後の最後にダウンタウンももクロバンドやゲスト出演者たちを紹介しながらの「一粒の笑顔で・・・」という『ももいろクリスマス2014』のテーマ曲で幕という脈絡のなさ、です。


有安杏果の表情に疲れを見て取れましたが、概してももいろクローバーZの5人の相変わらず賑やかな姿を観て何だかんだと安堵しましたよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。