スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームしゃちほこ / 映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』の公開記念パーティ 四たす四は六でもない 今日はしゃちなのさ

4月4日に赤坂BRITZで開催されたチームしゃちほこの『映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』の公開記念パーティ 四たす四は六でもない 今日はしゃちなのさ』というイベントに行って参りました。昼の部です。


初めての赤坂BRITZ、フロアでの鮨詰め状態を避けるために2階指定席を選択したのは結果的に良かったです。ここ最近になっていきなり腰痛が酷くなって来ましたので。


今回のプレパーティの内容としては前半にクイズ大会が催されたりやチームしゃちほこによる映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』(2015)の主題歌、『天才バカボン』(2015)の“しゃちヴォン盤”収録のラジオドラマの冒頭1分までを各メンバーが再現して見せたりとなかなかに楽しいもの。
名古屋レッド秋本帆華の“中二病”が露見したのには驚きましたが。


後半は全6曲のライヴです。
初っ端から新曲の「天才バカボン」。これはもうお馴染みのあのアニメ主題歌ですし、勢いだけだと言われるとそれはそれでその通りなんですがライヴという場では見栄えも良好でした。


次いで「よろしく人類」、「トリプルセブン」、「いただきっニッポン!〜おみそれしましたなごやめし〜」、「そこそこプレミアム」と4曲連続で畳み掛けるという流れ。
高みの見物と言ったらおかしいですが、ステージとフロアの双方からの熱気、熱量がとてもチームしゃちほこらしくて微笑ましいものでした。


締め括りは「抱きしめてアンセム」。すでに定番と化しておりますが観客たちの熱狂ぶりからすれば当然のことですよね。これまでは「乙女受験戦争」に頼り切りという側面があったのは確かだとこの新参者でも感じる訳ですが、これにはもはや、納得の1曲です。
あっという間のイベントではありましたが予想以上に密度の高い時間を過ごすことが出来ました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。