スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももいろクローバーZ / おしいろマンハッタン 〜なんてこったパンナコッタ〜2014

ももいろクローバーZが2月20日に行った『おしいろマンハッタン 〜なんてこったパンナコッタ〜』のライヴビューイングを観に行って参りました。


珍しく何とはなしに登場したももいろクローバーZの5人が担当色の入れ替えをくじ引きで決めるという風雲急を告げる展開に突入です。また、最終的には審査の結果、罰ゲームが用意されているとのこと。
紫色担当の元リーダーの高城れにが赤色へ、センターにして赤色担当のリーダー、百田夏菜子が紫色へ、緑色担当の小さな巨人、有安杏果が桃色へ、黄色担当にして若大将の玉井詩織が緑色へ、MCであり桃色担当の佐々木彩夏が黄色へと衣装替えです。


3人のアナウンサーによる余興を何とかやり過ごしまして、すっかりと馴染んで来た最新シングル曲の「GOUNN」から開始です。「PUSH」、「黒い週末」、そして「行くぜっ!怪盗少女」と来まして見事なまでに塩っぱい場面の連続でした。急ごしらえのために歌と衣装だけの変更という決まりのはずが振り付けまで混同する有り様。
それでも、「行くぜっ!怪盗少女」の間奏における百田夏菜子の背面ケチャでのエビ反り具合は流石に見ものでしたよ。


玉井詩織が軍手を会場へ投げ入れる「words of the mind -brandnew journey-」、久しぶりの「ツヨクツヨク」と続きまして百田夏菜子玉井詩織から成るももたまい事務所に推され隊として「事務所にもっと推され隊」を熱唱。こういう場面での玉井詩織の芸の細やかさは際立つものがありますね。つまるところ、歌を頑張るよりも以下、略。
有安杏果の「あーりんは反抗期!」では中断してまで指導されるほど佐々木彩夏が手厳しかった訳ですが、どうにかまとめ上げた有安杏果もまた見ものでした。好感度がさらに上昇したんじゃないでしょうか。


再び「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「BIRTH Ø BIRTH」「灰とダイヤモンド」で何とも不安な時間を過ごしまして担当替えも終了です。開演直後から低価格のチケット代を強調していた通りに“値段に合ったライヴ”でしたよ、苦言でも何でもなく本当に。
ようやっと「ももいろ太鼓どどんが節」からいつものももいろクローバーZです。「仮想ディストピア」で勢いに乗ったかと思えば「泣いちゃいそう冬」を可憐に決めるといった荒技でモノノフたちの心を鷲掴みです。


因みに審査結果としてはリーダーの百田夏菜子が最下位という意外なものでした。求められているものが想像以上に大きいのかも知れませんね。


待望のアンコールが「走れ!」で開始されまして「いつか君が」へと良い流れに。最後の最後が「鋼の意志」だったということに不満を感じつつも大円団を迎えましたとさ。
ももいろクローバーZの5人からの発言にあったように来る国立競技場での『春の一大事』に向けてまたとない機会と緊張感の中で各自の役割などを振り返ることが出来たはずですよね。高城れにの不意の涙も無駄にはならないでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。