スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ride / Ride EP (1990)



RideのデビューEP、『Ride EP』(1990)。通称“赤ライド”です。
真紅の薔薇の束を一面にあしらった鮮やかなジャケット写真が目を惹きます。


目の前に立ち塞がるあらゆるものをなぎ倒して行く勢いでぶっとばすM1「Chelsea Girl」。 
およそサビらしいサビのない単調な歌に被さる濁った轟音ギターに胸の真ん中を否応なく貫かれてしまいます。
寄り合いインディーの袋小路を蹴破って突進するドラムスの捨て鉢ぶりも大好きなのです。


身包みを剥ぐように加速度を増し、最後の一音に向かって駆け抜ける破れかぶれぶりにはただただ心奪われてしまいます。


一説にはデモ音源をそのまま収録したというM2「Drive Blind」について、音質がもうひとつではあるものの既に完成された骨太のサイケデリアが漆黒の闇をぶち抜きます。


逆回転ギターが随所に挿し込まれたM3「All I Can See」はワウワウ・ギターの唸りも手伝いましてRide史上、1960年代のサイケデリック・ロックからの影響が最も色濃い仕上がりです。


どうしようもなく気怠い歌声がさらに物憂げな旋律をなぞり、吹き荒れる轟音ギターに白昼夢へと誘われるM4「Close My Eyes」。
心地良いテンポが際どい酩酊感に拍車をかけます。


また、どこか性的なものを感じさせますので“轟音エクスタシー”なんて呼ばれ方にぴったりです。
永遠に続いて欲しいとさえ願いたくなる、M1「Chelsea Girl」に負けず劣らぬ1曲です。


1980年代のRough TradeCreation Recordsから輩出されたギターバンドや狂乱のマッドチェスターを直に体験するには間に合わなかった二十歳直前の私、chitlinにとっては(この時期の)Rideのような“新世代ロック”こそがすべてだったのです。


尻切れとんぼなのが残念ですけれど、Rideがぶっとばすデビュー曲をどうぞ。
♪「Chelsea Girl」Ride




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライドは途中から余り聴かなくなりましたが、初期の3枚のシングルは良かったですねー。それに“赤ライド”は衝撃的でした。

スワーブドライバーが対抗馬の様に言われてましたが、どちらも好きでしたね。

オオシマさんへ

オオシマさん、お久しぶりです。
お返事が遅れて申し訳ございませんっ。

ほとんど同じ体験をなさっているようですね~。
“ペンギンライド”でひと区切り、『Going Blank Again』でさよならといった具合でした。
実は最初のRideは『Smile』でした。一気に持って行かれましたよ。未だに鮮度が高いままですね。

>スワーブドライバー
来日公演を観に行きました!懐かしいなぁ。
この頃のCreationも盛り上がりましたよね。レーベル買いをしたもんです。
今度、Slowdiveを買い直してみたいんですよ。あとTelescopesの『Taste』、Creation移籍前のブツなんですけれどね。
ああ、切りがなくなってきましたー。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。