スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ride / Waves (2003)

ridewaves
ついでのついでにまたもやRideです。映画、『Upside Down -The Creation Records Story-』(2010)の中で中心人物だったAndy BellMark Gardenerのふたりが並んで出演していましたね。
本盤はそんなRideBBC音源集、『Waves』(2003)です。


デビューEPから最初のアルバムの『Nowhere』(1991)直後くらいまでが大好物でして『Carnival Of Light』(1994)以降を未だに聴いたことがないんです、実は。
本盤で言いますとM11「Birdman」からの7曲がそれに当たる訳なんですけども。なかったことにする訳にもいきませんが、これはもうそのまま後期のアルバムのことを忘れていても構わないんだと確信する次第です。


気を取り直しまして。熱狂の渦に叩き落としてくれた曲たちが並ぶ前半部分について公式テイクとセッションでの演奏にはそれなりの開きがありまして、その違いを楽しむというよりも別物として取り扱う次第です。平たく言えばいかに公式テイクの完成度が高いかということですね。
例えば捻りのないM3「Perfect Time」は特に見劣りしないんですが、M2「Dreams Burn Down」などでは粗が目立つというか貧相な印象を受けます。音の厚み、重なり方がまったく異なります。轟音ギターも形なしといったところです。


M1「Like A Daydream」での青臭さと爽快感が入り混じった感覚は今でも希有なものですし、攻めの姿勢が感じられるM5「All I Can See」にしてもサイケデリックな色彩が残っています。
それからPale SaintsをカヴァーしたM4「Sight Of You」は嬉しい1曲ですね。この耽美的な代表曲を少し強引にまとめているのも聴きどころです。


Going Blank Again』(1992)収録のM8「Time Of Her Time」とM9「Not Fazed」とM10「Mousetrap」の3曲はとても締まりのある演奏なので安定感も抜群なんですが、もはやここにも自分の追い求めるRideなんていやしないんだなと痛感する次第です。


♪「Like A Daydream」Ride



♪「Dreams Burn Down」Ride



♪「Perfect Time」Ride



♪「Sight Of You」Ride



♪「All I Can See」Ride



♪「 Time of Her Time」Ride



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。