FC2ブログ

The Groovy Little Numbers / The 53rd & 3rd Singles (1998)

gln
先日のSuperstarエントリのついでにThe Groovy Little Numbersを。中心人物のJoe McAlindenが1980年代後半に組んでいたグループの『The 53rd & 3rd Singles』(1998)という編集盤です。
5年前のエントリを旧ブログから転載します。


Joe McAlindenCatherineの2人きりのグループ、The Groovy Little Numbersが残したたった2枚の12インチ・シングルを併せたCDです。


The Groovy Little Numbersと並行してBMX Banditsのベーシストとしても活躍した恰幅の良いJoe Mcalindenはサックスやヴァイオリン、ピアノにコーラスまでをも操りグラスゴーのギターポップ界隈で多才ぶりを発揮。その上作曲能力にも長けているため、収録曲はどれも水準(←何のでしょう)を軽く超えています。


You Make My Head Explode』(1987)からのM1「You Make My Head Explode」では可愛らしいパーカッションが印象的です。ただし、盤起こしのためなのか手持ちのCDには大きめの針音が入っており残念です。
M3「Windy」は、Teenage Fanclubが『Thirteen』(1993)のM1「Hang On」の終盤で採り入れたThe Associationのカヴァー曲でもあります。


BMX BanditsFrancis MacDonaldがドラムを務めた『Happy Like Yesterday』(1988)ではボサノヴァ風味のM6「A Place So Hard To Find」が出色の出来です。
そして、彼らの一世一代の名曲がM4「Happy Like Yesterday」です。サックス・ソロが蛇足なのがこれまた残念ですが、それを差し引いても珠玉のギターポップ・アンセムです。



この初々しさと瑞々しさ。何よりもこれは永遠ですね。
それにこうしたBMX Bandits周辺の音に触れていますと、1990年代始めに興った新しい潮流の裏にはAztec CameraOrange Juiceなどの1980年代前半からの影響が綿々と受け継がれて来たからこそだと感じずにはいられません。


♪「You Make My Head Explode」The Groovy Little Numbers



♪「Shoot Me Down」The Groovy Little Numbers



♪「A Place So Hard To Find」
The Groovy Little Numbers



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード