スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Television Personalities / Part Time Punks (1992)

parttimepunks
さて、気を取り直しまして。
映画、『Upside Down -The Creation Records Story-』(2010)を観て参りました。Alan McGeeCreation Recordsを立ち上げるきっかけとなったのがTelevision Personalities。そこで今回は彼らの『Part Time Punks』(1992)です。


実際には『Where's Bill Grundy Now?』(1978)というシングルの再発盤です。以前にエントリした『Favourite Films』(1992)と同様にOverground Recordsからの1枚です。


M1「Part Time Punks」、件の映画の中でもしつこく流されていただけありましてさすがの名曲ぶりです。面白おかしいだけではなくて、Daniel Treacyに歌われますと何だか妙な説得力があるんですよね。
そして、影響力も凄くあったんだなと感じさせます。多くのグループにとっての指針となったはずだと。


M2「Where's Bill Grundy Now?」も皮肉が利いた1曲。果たしてこういうものを面白がることが出来るか否かでしょう。Alan McGeeは啓示を受けた訳ですよね。非常に象徴的ですし、納得することが出来る事例ですね。


B面の2曲、M3「Happy Families」とM4「Posing At The Roundhouse」がこれまたあり得ないほどに酷い演奏なので、これらを聴いて脱力してしまったり腹を立てる方々もきっと居るでしょう。そんな拒絶反応も納得です。


のちにCreation Recordsにも深く関わることになるEdward Ballとふたりきりとは言えですよ、歌も演奏も並外れた稚拙さではある訳です。それでもDaniel Treacyの才能のひとかけらを窺うことができますね。幾度もの修羅場を潜り抜けて、いつの間にか再びEdward Ballとともに活動を続けているしぶとさも並外れてはおりません。


♪「Part Time Punks」Television Personalities



♪「Where's Bill Grundy Now?」Television Personalities



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。