スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windflower / Windflower (1974)

windflower
Windflowerの同名アルバム、『Windflower』(1974)を聴いてみました。
アラスカの男女7人組の唯一作といったことくらいしか知りません。


実直な歌声と繊細なアコースティック・ギターをはじめとしまして粛々と紡がれる端正な音の数々、ピアノやリコーダーのおかげでフォーク・ロックという枠組みを飛び越えて胸に迫るものがあります。派手さや浮いたところのないとても誠実で落ち着いた風情が好感度を持ち上げますね。


やはり自主制作らしい音質なのはさておきまして、自主制作らしからぬ緻密な音作りであることも事実なんですよね、これは。
有象無象のグループがフォーク・ロックなるものに取り組んでは敢えなく散って行ったり単純な類型に収まってしまうことが大部分のはずが、このWindflowerならではの音を確立した感ははっきりしていると思う訳です。


コーラス・ワークが眩しいM1「Headed For The Country」やM5「Marriage Of Two Minds」の晴れがましさ。女性ヴォーカルが妖しく揺れるM4「Remover Of Difficulties」。
それから、7分近いM7「Wind Dance」などはジャズ風味が満載のために特に聴き応えがありますね。


男女ヴォーカルの強みが活かされているM8「Back To The Calling Of Home」とM9「Song Celestial」の美しさには思わず打ち震えてしまいます。崇高さというか神聖視に近いものを自分でも意識する瞬間でもあります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。