スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cathy Young / A Spoonful Of Cathy Young (1969)

cathyyoung
Cathy Youngの『A Spoonful Of Cathy Young』(1969)というアルバムを聴いてみました。
これはまさにジャケット写真に釣られて購入したCDなんですけれど、Mapleという聞き慣れないところからの再発盤です。そもそもの発売元のMainstream RecordsというのがあのAlice Clarkと同じレーベルなのかは判りません。


M1「Spoonful」はHowlin' Wolfで有名なWillie Dixon作のカヴァーな訳なんです。のっけから胃もたれを起こしそうな5分がとても印象的でオルガンの音が渦巻く中で一心不乱に歌われる重苦しいこの1曲がとにかく目立つんですよね。
確かに強烈なんですが、アルバムを聴き進めてみますと思った以上に表現力に長けていて表現の振り幅の大きさも判って来ます。


清楚な側面すら窺える「Misfit Matilda」が続くかと思えば次は何とも男前なM3「This Life」というこの序盤で改めて意表を突かれてしまいますね、まさかの展開ですので。初めて聴いてみた時にはそれほどピンと来なかったんですが不思議なもんです。


その後もピアノが轟くM4「Everyone's A Dealer」、情景的なM5「Circus」にM6「Mr. Moth」という流れではM1「Spoonful」と同じくらいかそれ以上に狂い咲くような歌声が耳に突き刺さります。


この『A Spoonful Of Cathy Young』、アシッド・フォークだという触れ込みなんですけれど目一杯の酩酊感を醸し出すM7「Colour That Lightning」なども含めてしっかりとロックしているんですよ。実際に聴いてみないことには判らないですからね。
その溢れんばかりの禍々しさには目を見張るものがあり過ぎですし予想をはるかに超える拾いものでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Cathy Youngは60年代後半にどっと出現したフォーク・ロック系女性アーティストのある種典型ですね。
あの時代を感じさせるサウンドですが、"Spoonful"と他の曲のギャップは凄すぎ・・・時にはLaura Nyroみたいで、時にはJanis Joplin、またあるときはMelanie・・・というところがちょっと散漫になっていて、例えばKaren Daltonみたいなしっかりした土台が感じられないところが、結局はこの一枚で消えてしまった原因なのでしょうね。
そんなに悪くないけど、フォーカスしきれていない・・・
確かにジャケ買いしそうなブツではあります(苦笑)

MOREさんへ

MOREさん、コメントをありがとうございました!
お返事が遅くなりまして申し訳ございませんです。

いやはや、おっしゃる通り降って湧いたようなその他大勢の中のひとりなんですよね、誰それにどこそが似ていたりとか。どこの馬の骨だか判らんそんな亜流にしてはそこそこ面白いかと。突然変異的な面白さもあるかもですね~。

こういうのまで例えば紙ジャケットCD化されるとしたら、それはそれで複雑な気持ちになりそうっす。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。