スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inez & Charlie Foxx / The Dynamo Duo (2001)

inezcharlie
Inez & Charlie Foxxの『The Dynamo Duo』(2001)という編集盤を聴いてみました。
さすがにKent Records、痒いところにまで手が届く24曲入りです。Inez Foxxのソロ曲もM23「You Shouldn't Have Set My Soul On Fire」という1曲程度ならご愛嬌ということで好ましく感じます。


Inez & Charlie Foxxと言えば何はともあれ「Mockingbird」のヒットが有名ですよね。Aretha Franklinがカヴァーするくらいのアーリー・ソウルの名曲な訳です。


本盤はそんな栄えあるSue Records時代以降の音源集でして1960年代後半の成熟したソウル・ミュージックを楽しむことが出来ますね。これまたヒット曲のM1「(1-2-3-4-5-6-7) Count The Days」をはじめ歯切れの良い演奏と溌剌とした歌声、いかにもイギリスで人気がありそうではありませんか。
ただし、再録音のM24「Mockingbird (With Strings)」が思った以上に甘口なのはどうにも仕方のないことですね。比べるだけ野暮というものなので。


R&Bの男女2人組となりますとどうしてもIke & Tina Turnerを連想してしまいますので、彼らについてもその二番煎じと受け取られるところではあります。この兄妹にはIke TurnerによるえげつなさやTina Turner並みの猥雑さともまったく無縁なんですよね、良くも悪くも。その分、真っ向勝負で歌に向かっているのが良く判ります。


そう言えばAce Recordsからは(イギリスの)Sue Records音源をまとめた編集盤が4枚も発売されているので、そこからInez & Charlie Foxxの単独盤を構成することは出来ないものでしょうか。粗削りなアーリー・ソウルも大好きなんですよね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。