スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yes / Yes (1969)

yes
Yesの『Yes』(1969)を聴いてみました。デビュー・アルバムがこんなジャケット・デザインで良いのかと思いつつ。


コーラス・ワークもばっちりと決まっているM1「Beyond And Before」はアルバムの幕開けにぴったりの曲調ですね。
ただ、本作を初めて聴いた時から取っ付き難い印象でしたが、改めて聴いてみましてもなかなか馴染めないところが多いのが事実だったりします。アルバム全体を通して巧くて凄い演奏であるのは良く判るんですが、慣れるまでにまだまだ時間が必要のようです。


M2「I See You」はThe Byrdsのカヴァー。The Moveも「So You Want to Be A Rock 'N' Roll Star」をカヴァーしていたりしますので想像以上にその影響力が大きいんですね。ちょっとした発見でした。


M4「Looking Around」は面白いですね。本作中ではいちばんポップに傾斜してしまして、いちばん聴き易いのではないでしょうか。こういうキーボードの音色も好きですし。


M6「Every Little Thing」がThe Beatlesのカヴァーということで意外過ぎる選曲ですね。途中で「Day Tripper」のギター・リフを忍ばせてありますし言われてみないと判らなかったりします。敷居が高いと言いましょうか、これは難解ですね。


さらには追加収録曲の中に次のアルバムの『Time And A Word』(1970)にも収録されているM9「Everydays (Single Version)」、M12「Everydays (Early Version)」も含まれていまして。Buffalo Springfieldのカヴァーな訳ですよ。不思議ですよね。
Led Zeppelinしかり、ウェストコースト・ロックからの影響がこういう形で波及しているとは興味深いです。


デビュー曲だというM7「Sweetness」は聴かせますね。このしっとり具合、好きですよ。


この時代ならではのサイケデリックに聴こえるでもなくやはり充分にプログレッシヴ・ロックの萌芽を感じさせるものだと認識していますがきっと間違いなんでしょうね。追加収録のM11「Something’s Coming」、M14「Something’s Coming (Early Version)」を聴いてみても何だか難しいなと思ってしまいます。


♪「Beyond And Before」Yes



♪「Looking Around」Yes



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうです、このアルバム、不思議な選曲なところが良いのです。
バーズのもバッファローのもビートルズにしても滅多にカヴァーなんぞされない曲ばかりですよね。わざとか?ですが、そこは流石のイエスで、アレンジが面白いし演奏はオリジナル顔負けですからね。
確かにジャケットデザインは???です。間違ってもジャケ買いはないです・・・次のアルバムは"NO"か?ってなもんで(苦笑)

MOREさんへ

MOREさん、こんな初心者丸出しのエントリにコメントをありがとうございました!

カヴァーにしても編曲にしても(私にとっては)凄く変でなんですよね。それだけで一筋縄でいかない(私にとっての)プログレッシヴ・ロックに思えて来るんですよ。
そういうところも面白いのでこれからも聴いて行きたいですし、代表作以外も聴いてみたいんです。

>次のアルバムは"NO"か?ってなもんで(苦笑)
いやはや、なんだか判らない図柄ですけども何だかありがたいような気がしますよ~。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。