スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Dramatics / The Best Of The Dramatics (1976)

dramatics
The Dramaticsのベスト盤、『The Best Of The Dramatics』(1976)を聴いてみました。所謂、オリジナル・アルバムというものを持っていませんし、どんなものがあるのかもあまり判っていないままでいるので重宝しています。


この野性味、良いですね。雰囲気満点のM4「In The Rain」をはじめとしてストリングスやら効果音などを随所でやたらと駆使してはいますがどこか泥臭さを拭い切れていないところが好みです。
結成から10年弱も燻っていたことへの恨み節なんてことでは決してないでしょうが、ヴォーカル・グループとして何とも荒削りな印象です。


相変わらずM3「Whatcha See Is Whatcha Get」というシングル曲の破壊力が凄まじいですね。素晴らしいのひと言しかありませんよ。
今まではこの1曲が目当てであとは軽く流していたんですが、ファンキーなM1「Get Up And Get Down」は勿論のこと、濃口なM5「(Gimme Some) Good Soul Music」に美しいバラードのM6「Fall In Love, Lady Love」と外しようのない内容ですね。
ファルセットが切り込んで来るM10「Hey You! Get Off My Mountain」も強烈極まりない1曲ですしね。


懐の深い歌唱でもあるM12「And I Panicked」からは録音の印象が違っていますね。M15「Highway To Heaven」なんてのはゴスペル丸出しの表題の割にはさらりと歌われているほか、5分を超えるM16「Toast To The Fool」などはとても洗練されているんですよね。


1970年代、そしてVolt Records (Stax Records)を代表するのヴォーカル・グループによる充分過ぎるほどに充実したベスト盤でした。


♪「Get Up And Get Down」The Dramatics



♪「What You See Is What You Get」The Dramatics



♪「Hey You! Get Off My Mountain」The Dramatics



♪「And I Panicked」The Dramatics



♪「Toast To The Fool」The Dramatics



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。