スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul Butterfield's Better Days / Paul Butterfield's Betters Days (1973)

betterdays
今夜はPaul Butterfield's Better Daysのアルバム、『Paul Butterfield's Better Days』(1973)を聴いてみました。
この辺りの音には普段からあまり接していないのでとても新鮮です。


このグループの顔ぶれ自体が凄いんですよね。もっともAmos GarrettGeoff Muldaurの音盤を聴いたことすらないので情けない限りなんですけれども。
いずれにしてもRonnie Barronによる転がり続けるピアノも大きな鍵を握る演奏ですね。そうでしたか、思わず納得のニューオーリンズ出身なんですね。肝心のPaul Butterfieldが奏でるハープをよそにこんな節穴の耳でも少しは判る気がします。


極上の出来映えのM2「Please Send Me Someone To Love」をはじめとしてカヴァー曲の方が多いんですが、ブルースもR&Bも飲み込んで昇華したまさにPaul Butterfield's Better Days独特の音になっているんですから困ってしまいますよ、良い意味で。


熱いせめぎ合いが聴きものの以前のブルース・ロックとは趣がどうしたって異なる訳ですが、熱量は違えどこの熟れ具合が堪りませんね。味わい深いのにもほどがあります。豊穣そのものの音楽、としか言いようがありません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。