スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

At The Club (1999)

attheclub
At The Club』(1999)というオムニバス盤CDを聴いてみました。
Atlantic Recordsが誇るR&B音源の数々をKent Recordsが思う存分に利用するWhere It's Atという一連の編集盤の1枚です。


ジャケット写真にマーキー・クラブが使われていることからも判るようにすこぶるノリの良いR&Bばかりをたっぷりと25曲も収録されている訳です。
M1「Help Me Get The Feeling」から早速、King Curtisが吼えていますしM2「It Ain't What You Got」でのJimmy Hughesの歌声には思わず痺れてしまいますね。


The BeatlesもカヴァーしたM3「Some Other GuyRichie Barrettも威勢がよろしいんですが、M4「Looking For A Fox」でのClarence Carterの迫力満点の野太い喉やM5「Some Kind Of Wonderful」でSoul Brothers Sixが魅せる熱演ぶりと来ましたら言葉を失ってしまいます。


また、百戦錬磨のThe DriftersによるM8「At The Club」がまさに表題に相応しい洗練されたR&Bだったりいたしまして。巧いこと緩急を活かした構成には脱帽ですね、まったく。


お馴染みのM10「Poison IvyThe Coasters、そしてインストゥルメンタル版のM11「Chain Of FoolsThe Goodtimersといった具合に盛り上げるんですからひと堪りもありませんね。


後半では手始めにこれまた定番曲のM14「Last NightThe Mar-Keysで景気付けですね。
あとに続くのはRufus ThomasWilson PickettSolomon BurkeDon Covayと大物ばかり。腰が抜けそうになるくらいの大盤振る舞い。こんな贅沢なことがあって良いのでしょうか。
M19「Green Onions」のカヴァーでKing Curtisがまたもや熱く吼えつつ、Booker T. & The M.G.'sによるM22「Slim Jenkins Place」でぐいぐいと責め立てられます。


終盤におきましては貫禄を示すDoris TroyのM23「Just One Look」や丁寧に歌われるM24「Walkin' Up A One Way StreetWillie Tee、綺羅星の如く素晴らしいM25「Young Boy BluesBen E. Kingと、ひとしきり踊らせたあとにじっくり聴かせるという3曲でもありまして何とも心憎い締めくくりではありませんか。


収録曲は以下の通りです。
M1「Help Me Get The Feeling」Ray Sharpe & King Curtis Orchestra
M2「It Ain't What You Got」Jimmy Hughes
M3「Some Other Guy」Richie Barrett
M4「Looking For A Fox」Clarence Carter
M5「Some Kind Of Wonderful」The Soul Brothers Six
M6「Something Good Is Going To Happen To You」Carla Thomas
M7「I'm Gonna Run Away From You」Tammi Lynn
M8「At The Club」The Drifters
M9「Que Sera Sera (Whatever Will Be Will Be)」High Keys
M10「Poison Ivy」The Coasters
M11「Chain Of Fools」The Goodtimers
M12「Able Mable」Mable John
M13「Holding On With Both Hands」Eddie Floyd
M14「Last Night」The Mar-Keys
M15「Memphis Train」Rufus Thomas
M16「Three Time Loser」Wilson Pickett
M17「Keep Lookin'」Solomon Burke
M18「40 Days 40 Nights」Don Covay & The Goodtimers
M19「Green Onions」King Curtis
M20「Comin' Home Baby」Mel Torme
M21「He Don't Love You And He'll Break Your Heart」Levon & The Hawks
M22「Slim Jenkins Place」Booker T. & The M.G.'s
M23「Just One Look」Doris Troy
M24「Walkin' Up A One Way Street」Willie Tee
M25「Young Boy Blues」Ben E. King


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。