スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪 ソウルバラード (2003)

大阪ソウルバラード
大阪 ソウルバラード』(2003)というオムニバス盤を久しぶりに聴いてみました。
収録曲のいくつかはいつかどこかで耳にしたことがあったんですが、それまできちんと聴いたことがなかったですよ。


序盤からM1「やっぱ好きやねんやしきたかじん、M2「悲しい色やね上田正樹にM3「大阪で生まれた女BORO、そしてM4「酒と泪と男と女河島英五と連発されたら参ったするほかないですよね。この辺りの名曲を聴いておきたくて本盤を手に取った訳ですので。こういう場合の関西弁というのは沁みますね、凄く。
ただし、M4「酒と泪と男と女」については『酒場ロック』(2003)収録版と比べてどこか垢抜けた編曲なのでこちらは再録音なのでしょうか。


憂歌団のM6「大阪ビッグ・リバー・ブルース」についても苦手な編曲と音ですが、さすがに歌に宿っているものがありますよね。


いちばん好きなのはM8「なめとんかやしきたかじんでしょうか、やはり。
M1「やっぱ好きやねん」、M14「大阪恋物語」でも勿論なんですがその澄み切った歌声の素晴らしさについては今さら言うに及ばずのはずですよね。


M9「いじめやんといて」でのトミーズ雅、強面の元ボクサーに似合わない歌の巧さなんですね。ある意味、卑怯ではないですか。本盤を聴かなければ一生知らないままだったでしょう。


この『大阪 ソウルバラード』最大の目玉はファンキー・プリンスのM15「おやすみ大阪」に決まりですね。GS末期の典型と言いましょうか、これは限りなく歌謡曲に取り込まれてしまったデビュー曲でもあるんですが出だしから轟くファズ・ギターと切ないコーラスが醸し出す絶妙な不釣り合い具合にはどんどん引き込まれてしまいます。この奇跡的な1曲には本当に特筆すべきものがありますね。


こんな甲斐性のない大人を泣かせてどうするというくらいに惜しげもなく名曲がずらりと揃っています。今もって大阪に対して特別な思いはございませんが、これほどまでに哀愁が溢れ返る街に1度は訪れてみなくてはなりませんね。


収録曲は下記の通りです。
M1「やっぱ好きやねん」やしきたかじん
M2「悲しい色やね」上田正樹
M3「大阪で生まれた女」BORO
M4「酒と泪と男と女」河島英五
M5「生まれる前から好きやった」やしきたかじん
M6「大阪ビッグ・リバー・ブルース」憂歌団
M7「大阪エレジー」シャ乱Q
M8「なめとんか」やしきたかじん
M9「いじめやんといて」トミーズ雅
M10「OSAKA ON MY MIND」上田正樹
M11「あんた」やしきたかじん
M12「お前が好きやねん」門田頼命
M13「大阪で生まれた男」間 寛平
M14「大阪恋物語」やしきたかじん
M15「おやすみ大阪」ファンキー・プリンス


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
これまたすごいコンピですね。
上田正樹も、憂歌団も、どちらもブルーズメンのくせに、この2曲は、ブルーズでも何でもない歌謡曲ですね。康珍化の仕事です。

でも、別の所で、別の方とちょっと話題になったのですが、大阪と言う土着的な文化を大阪弁でまぶす事で、特別な磁場が発生されるマジックがあるなぁ~と。

僕は、大阪は、生理的にあまり得意な土地ではありませんが、悲しい色やね。はカラオケで良く歌いますし、憂歌団のシカゴ・バウンドは、カラオケに行けば必ず歌う歌ではあります(笑)

その位、関西弁には、特別な力を持っている。そんな気がします。

V.J.さんへ

V.J.さん、早速のコメントをありがとうございます!
実はV.J.さんの呟ききっかけでございました~。

>憂歌団
ほかのオムニバス盤で知っている曲はホントにブルージーなので肩透かしなんですが、やはりそういうことなんですねぇ。勘違いは禁物ですよね。

>特別な磁場が発生されるマジックがあるなぁ~
私の場合は本文の通りに行ったことがないので先入観なんですが、やはり尋常ではないモノがある訳なんですね。周囲にも関西出身の知人・友人は滅多におりませんし、ああいうノリ自体には付いて行けそうにないんですが。
女性の関西弁には癒しを感じてしまいます、ってこれこそ先入観!?

V.J.さんがカラオケ・・・、1ミクロンも想像することが出来ないっすー。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。