スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruthann Friedman / Constant Companion (1969)

ruthann
今度はRuthann Friedmanの『Constant Companion』(1969)というアルバムです。先のエントリJudee Sillと相通じる音楽であると感じるんですよね。
旧ブログからの転載です。

The Associationがヒットさせた「Windy」(1967)の作者として知られるRuthann Friedmanが奏でる、実に素晴らしいアコースティック・ギターの弾き語り作品でもある唯一のアルバムです。


一見、大変地味に感じられるのかも知れませんが、収録曲のほとんどが彼女自身の芯の通った清々しいギターと瑞々しくも儚い歌声のみで形作られているために、その存在感が輪をかけて際立っています。
また、微かに漂うサイケデリックな風味に鼻腔が刺激されます。


じっくりと耳を傾けてみますとソングライターとしての資質は言うまでもなく、純粋にフォークシンガーとしての並々ならぬ実力を存分に味わうことが出来る初CD化作品です。


何かにつけてVashti Bunyanの名が引き合いに出されるようですが、それはお門違いな物言いなのではと感じます。それならばJoni Mitchellか、Judee Sill辺りの系譜の一端を成しているというのが妥当な線でしょう。


Van Dyke Parks編曲というシングル曲M13「Carry On (Glittering Dancer)」が追加収録されています。
Van Dyke Parks愛好家にとっては興味を大いにそそられるような奇天烈サイケデリック・ポップのため、本作からは明らかに浮き上がっていまして、個人的には蛇足にしか思えません。


時たま、のっぴきならない復刻作品を発売するレーベル、Waterから今後も目が離せません。



という訳で取り急ぎ勢い余って取り上げてみました。この手合いの女流シンガー・ソングライターにつきましては『Wayfaring Strangers: Ladies From The Canyon』(2006)というオムニバス盤にも注目なんですよね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

掘り出してきましたねー。
実は私は彼女の歌ったWindyを探しているのですが、なかなか見つかりません・・・
噂では、ブートで出回っていたようなんですがお目にかかりません。
もちろん、デモ・ヴァージョンなんですけどね。
この時期、雨後の筍のように沢山のSSWが出現したわけですが、時代の変遷に堪え得るアーティストはそれほどいないですね。彼女はなんとかその辺りはギリギリでクリヤーかな?(笑)

No title

>何かにつけてVashti Bunyanの名が引き合いに出されるようですが、それはお門違いな物言いなのではと感じます。それならばJoni Mitchellか、Judee Sill辺りの系譜の一端を成しているというのが妥当な線でしょう。

良かった。
同じ捉え方で♪
Vashti Bunyanとは、全然違うよね。

僕は、アソシエーションのWindyの作者だった。って事知りませんでした。
φ(`д´)メモメモ...

MOREさんへ

MOREさん、こちらにもコメントをいただきましてありがとうございました!

そういや彼女自身によるデモがあっても当然で、やはり存在するんですね~。
まあ、実際に「Windy」きっかけだった訳なんですが、それにしても貴重な出会いでした。

>彼女はなんとかその辺りはギリギリでクリヤーかな?(笑)
こっそりひっそりセーフだと思います、いや思いたいっす。

V.J.さんへ

V.J.さん、こちらにもコメントをありがとうございましたー!

これまた生意気なもの言いなので恥ずかしいです、何年か前の文章ですし判った気になっちゃってと。ですけど、やはり違うんですよね、そこら辺は強く感じます♪
Vashti Bunyanにはもっと別の魅力がある訳ですよ、はっきりと分けるべきではないかと。
このRuthann Friedmanの場合ですと今どきの扱いも推して計るべしなんでしょうけども。

オリジナルのアナログ盤には手が届かない私はJoni Mitcellの紙ジャケットCD発売が気になっております。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。