スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Belle And Sebastian / Tigermilk (1996)

tigermilk
Belle And Sebastianの『Tigermilk』(1996)を今頃になってのエントリ。きっかけはヴァイナル☆ヂャンキーの趣味地獄篇のV.J.さんです。ブログが徐々に更新されていますので皆さん、読みに行きましょう!


繊細な歌声から始まるM1「The State I Am In」。まっすぐ過ぎる表題の割にはやはり、静謐感に溢れているんですね。
続く端正ながら勇ましささえ感じるM2「Expectations」からM3「She's Losing It」と聴き進めてみますとどこかしらのどかで牧歌的、柔らかい日射しのような感触なので思わず朗らかな気持ちにさせてくれますね。一聴して何てことはないアコースティックな側面を打ち出したギター・ポップなだけかも知れませんが、意外と芯がしっかりと通っている思いますよ。


唐突に飛び出して来る打ち込みのM5「Electronic Renaissance」。明らかに異質の1曲、ご愛嬌といったところなのでしょうか。と思ったらNew Orderを素材にしているのだとか。微笑ましいことですね。


骨っぽいM6「I Could Be Dreaming」を経ましてM7「We Rule The School」の美しい調べにM8「My Wandering Days Are Ove」やM10「Mary Jo」の初々しさや瑞々しさ。この流れは素敵ですね。実際にはそんな音楽体験がないくせにここは1980年代なのかと錯覚してしまいそうです。
そうなんですよ、10代がそのまま重なる1980年代にはDuran DuranやらU2やらに熱心だったのでBelle And Sebastianを聴いて何かしらの郷愁に浸るということはあり得ないんです。


本盤は1,000枚限定という曰く付きのデビュー・アルバムなんですね。しかも、そもそもが講義の課題だったとか。それはもう、改めて発売されるのも納得ですね。どこの馬の自主制作盤と思いきや、ある意味でこんなに野心的な音楽を放っておく手はない訳なんですから。
となるとより一層、後悔の念が胸の内を去来しますね、どうして今の今まで気が付かなかったんだと。どうして当時、ほんの少しでも耳を貸そうとしなかったんだと。


♪「The State I Am In」Belle And Sebastian



♪「She's Losing It」Belle And Sebastian



♪「I Could Be Dreaming」Belle And Sebastian



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FUJI ROCK FESTIVAL’10

当ブログ現役No.1バンド、「ベル&セバスチャン」が フジ・ロック・フェスティバル2010に出演するということでフジに行ってきました。 ※元デキシーのハッチも当然、隠れ目的に入っていました。 今年はベルセバだけに照準を合わせましたので他のアーティスト情...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぎゃあぁぁぁぁああああ~~
本文リンクまでして頂いて恐縮です。

ベルセバ開眼ですね♪
良かったです♪♪
音楽に、遅い、早いは関係無いですから。
出会えて、ビビッと来るかだけですもんね♪
そこは、おねーちゃんと一緒(笑)

確かに、彼らは、単なる卒業制作のための「素材」だったんですよねー
世に出した功績は途轍もなく大きいですね。

来日
楽しみになってきましたね!

V.J.さんへ

V.J.さん、コメントをありがとうございます!
こちらこそ素敵な音楽の存在を教えていただきまして非常に感謝しているんですよ。同じグラスゴーのMogwaiのことを聴き始めたのも最近のことですし、もったいないことをしていたなと。それにしても良い街ですね、グラスゴーは。

もうビリビリと来ています!おねーやんをも上回る勢いかもですっ。
すでに赤いヤツを入手済みですし、とりあえずそのまま緑のヤツと新作を3月までにものにしたいっす!

No title

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

3月の来日、凄く楽しみです。
「Electronic Renaissance」は確かに異質ですよね。でもアルバムの中で一番好きかもしれません。

TBさせていただきます!



redsさんへ

redsさん、すっかりとご無沙汰しております!こちらこそどうぞよろしくお願い申し上げます。コメントもありがとうございますね。

世紀を跨いでようやくその音に触れ、その素晴らしさ実感したという周回遅れぶりを臆面もなく晒してみました。これから15年分のキャリアを楽しむことが出来るので、ある意味お得なことだと思い込んでおくことにしますよ~。

トラックバックもありがとうございます、のちほど伺いますね。こちらからの送信に関しては以前から不調でして、上手く行かない場合にはご了承くださいませ。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。