スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U2 / Boy (1980)

U2boy
U2のデビュー・アルバム、『Boy』(1980)です。
手持ちのCDは実際には『Boy Deluxe Edition』(2008)なんですが、それについては別エントリにて。


かつて何度もしつこく聴いていたCDもジャケット・デザインが異なるアナログ盤もとうの昔に手放してしまいましたし1990年代から2000年代のほとんど素通りしていたところに一連の拡大版の登場です。そして、2009年の暮れ頃から「Bad」に対する思いが再燃したのはコチラの通りです。


本作は『Another Day』(1980)と『11 O'Clock Tick Tock』(1980)という2枚のシングルに続くいちばん最初のアルバムな訳です。どちらもこの『Boy』に未収録であることに男気を感じますね。
その代わりにシングル曲のM1「I Will Follow」とM8「A Day Without Me」が収録れていましてアルバムとしての体裁が整っています。


実はM5「Out Of Control」とM6「Stories For Boys」も既発曲ですね。Island Recordsへ移籍するより前、何でもレコード・デビューが懸かったコンテストの結果、CBS Recordsより発売と相成ったデビューEPの『Three』(1979)にもともとは収録されていたと。その再録音ですね。


ながら聴きであっても若気の至り、そして終始、血気盛んなことが判りますがそれだけではないんですよね。雄々しい歌もリズムも乱雑なものの前へ前へと、上へ上へと突き進む姿勢だけははっきりしていまして、尚かつシングル曲がこれだけあるんですから。
アイルランドはダブリン出身ということが関係あるのかないのか、4人で演りたいことを演るしかない遅れて来たパンクという側面も濃厚に感じられます。そこに微かに煌めくのがThe Edgeによるギターなんですね。まさにどこの馬の骨かと思われるU2というグループの決定的な個性を確立するのにひと役買った訳です。


以降、幾度となく起用されるあどけない少年のジャケット写真にも表れているかも知れませんが、Bonoを中心にこの時期には少年時代に経験するさまざな事柄、つまりはまだまだ身近な問題について歌われています。およそ20年ぶりに聴き耽っていますが、その青臭さ、もうすでに嫌いではなくなりました。


♪「I Will Follow」U2



♪「Twilight」U2



♪「Out Of Control」U2



♪「The Electric Co.」U2



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。