スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Heart Of Southern Soul: from Nashville To Memphis And Muscle Shoals (1994)

heartofsouthernsoul
The Heart Of Southern Soul: From Nashville To Memphis And Muscle Shoals』(1994)を聴いてみました。
毎月、怒濤の勢いでブラック・ミュージックやサイケデリック・ロックなどの良質な再発を続けるKent RecordsやらBig Beat Records。この編集盤はその本丸であるAce Recordsからの第1弾です。


The Heart Of Southern Soul: From Nashville To Memphis And Muscle Shoals』という表題の訳としまして、まさにアメリカ南部のAbet RecordsExcello RecordsSims Recordsといったところの音源をまとめ上げているんです。
Excello Records音源の編集盤やら単独盤がAce Recordsから大量に発売された時期がありまして、その際の企画のひとつだったんでしょうね。


最初のM1「Fall In Love AgainThe Kelly Brothersから熱い歌唱と引き締まった演奏に痺れてしまいますね。M18「You're That Great Big Feeling」が軽めなのとは対照的ですね。素晴らしい幕開けです。
続くThe Wallace BrothersによるM2「Line Between Love And Hate」がまた、凄いんですよ。年端もいかないようでいて、大人顔負けの歌を存分に聴かせてくれます。
このThe Kelly BrothersThe Wallace BrothersにつきましてはKent Recordsから単独盤が発売されていまして、とても興味深いグループだと言えますよ。


ほかにもKip Anderson Johnny TruittStacy LaneEugene Kempらが自慢の素晴らしい喉を披露しております。Slim Harpoの飄々とした佇まいは相変わらずですよね。
そんな中で女性シンガーのLucille Matthis、女性グループのThe Avonsに男女デュオのDee & Donの頑張りも目立ちますね。


意外なことにこれまで未発表だったものが6曲も収録されているんですよ。有名どころのShirley BrownMarva Whitneyまでもが含まれています。どうして打ち捨てられていたままだったのか不思議なくらいですね。
それから、本盤だけが1960年代後半から1970年代前半のサザン・ソウルの本懐を示す訳ではないことは勿論なんですけれど、非常に濃密な内容であることに違いはありませんよ。


収録曲は以下の通りです。
1「Falling In Love Again」The Kelly Brothers
2「Line Between Love And Hate」The Wallace Brothers
3「That's All I Can Do」Kip Anderson
4「Snake Out Of Green Grass (Part 1)」Roshell Anderson
5「Snake Out Of Green Grass (Part 2)」Roshell Anderson
6「A Soldier's Sad Story」Tiny Watkins
7「Pretty Little Thing」The Interpretters
8「Your Love Is Worth The Pain」Johnny Truitt
9「Talk To Me」The Avons
10「Your Love's So Good」Lee Webber
11「Somewhere Out There」Lucille Matthis
12「Mr. Fortunne Teller」Dee & Don
13「Midnite Tears」Tiny Watkins
14「The Woman In Me」Mariann
15「Steppin' Stone」The Wallace Brothers
16「Gonna Need Somebody」Stacy Lane
17「I Went Off And CriedKip Anderson
18「You're That Great Big Feeling」The Kelly Brothers
19「You'll Never Ever Know」Shirley Brown
20「C.C. Rider」Bobby Powell
21「The Price Is Too High」Slim Harpo
22「There Goes A Girl」Johnny Truitt
23「Do Your Thing」Marva Whitney
24「The Power Is Gone」Eugene Kemp


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。