スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Young Marble Giants / Colossal Youth (1980)

ymg
先ほどのWeekendのエントリのついでにYoung Marble Giantsの『Colossal Youth』(1980)を旧ブログから引用してしまいましょう。


ポスト・パンクと言われても判然としないのですけれど。
そんなことはともかく、Young Marble Giantsの『Colossal Youth』(1980)の拡大版があのDomino Recordsから発売されるとか発売されただかを知りまして、手持ちのCrépuscule盤CDを引っ張り出して来ました。


先にWeekendを聴いていたこともありましたし、完全に後追いですのでパンクに匹敵するような衝撃だの何だのは身に染みませんでした。


情けないことに購入代金がやけに高かったことを憶えている程度でしたね。
それでも、インストゥルメンタル曲のみで構成された『Testcard EP』(1981)と最終シングルの『Final Day』(1981)にほか1曲が追加されていますので、納得の質量ですけれども。


さらに強いて言えば、聴き始めた当時は綺麗な女性ヴォーカルにうっとりするのが精一杯でした。


今回、改めてじっくり聴いてみますと様々なことに気付かされますね。その斬新な音の組み立てにただひたすら驚いてしまいました。
組み立てと言ってもあまりにも簡素過ぎまして、色気も何もあったものではありません。風通しが良いどころではなく骨と皮しか残っておりませんし。


然るべき音のみが然るべき場所に配置され役割を果たすという極小値は、一聴して無機質のようにも感じられるのかも知れませんが、実に生々しく記録されています。


鳴らされているのはベース・ギターとオルガンとリズム・ボックスとギター、そして歌です。
チャカポコしたリズムの連なりを角張ったベース・ラインが突き破り、薄っぺらいオルガンの音色が波打つそばで淡白なギターが思い出したように引っ掻き回す。


それらはぎこちなく上滑りを起こして、最後のお楽しみにとひた隠しにしていたかさぶたをあっさりと剥ぎ取って行くかのようです。


そんな楽器たちにたったひとりで対峙するのがAlison Stattonという乙女。
鼻歌とも言えなくもないにもかかわらず、胸ぐらを掴んで離してくれません。



Weekendへと至る道程がどういったものだったのか、本当にそそられますね。安易に触れてもただでは済まされないのがYoung Marble Giants、どうしたって忘れられない存在です。


♪「Searching For Mr. Right」Young Marble Giants



♪「The Taxi」Young Marble Giants



♪「N.I.T.A」Young Marble Giants



♪「Choci Loni」Young Marble Giants



♪「Wurlitzer Jukebox」Young Marble Giants



♪「Brand-New-Life」Young Marble Giants



♪「Final Day」Young Marble Giants



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰してます。
実は、僕もこの辺のUK裏街道にはまっていた時期が結構長くて(笑)
拡大版が出るんですか♪

久しぶりにCDをひっぱりだして聞いてみます♪

No title

ヤングマーブルジャイアンツ、最近来日公演の噂もあったんですが、イギリスでも音楽活動をシビアにやったりしてるみたいで、結局見送りになってしまったようです。
無機質で音数が少ないながらも人力のぬくもりとアナログ感、そして優れた音の組み立てのおかげか今でも先鋭さを保ってる気がします。その後のWeekendもよく聴ききました。

V.J.さんへ

V.J.さん!!いやはや、お久しぶりでございます!
お元気でしょうか、コメントをいただけてとても嬉しいですよっ。

そうでしたか、完全に後追いの私より少し年上のV.J.さんですと年代的にちょうどぴったりだったんですね~。記憶が曖昧ですが、二十歳くらいになってようやく聴くことが出来た時には何だかひとつ大人になった気がしていましたよ。

拡大版はですね、元のエントリ自体が数年前のものなのですでに発売はされているんですよ。とか言う私もまだ聴いてはいないので今後の楽しみではあるんです。

V.J.さん、今後ものらりくらりとお付き合いのほどをどうぞよろしくお願いします!

いたちさんへ

いたちさん、コメントをありがとうございました~。

彼女たち、現役なんですよね。YouTubeにいくつも映像が上げられていますね。またの機会にVinyl Japanに呼んでもらうのがイイでしょうねぇ。

音数が少なくて、しかもキレがあるので結果的に風化に耐える音楽になっていますよね
。Weekendへの寄り道の後にYMGに帰って来るのも判るような気がしないでもないですねっ。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。