スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stereolab / Sound-Dust (2001)

sounddust
今月のStereolabは『Sound-Dust』(2001)というアルバムです。
このジャケット・デザインには何ひとつ惹かれることがありません。


ほんの導入部に過ぎないM1「Black Ants In Sound」に続きましてM2「Space Moth」はいきなりの7分超え。
今回もやはり抽象的な音像が特徴でしょうか。この辺りは制作に携わったJim O'RourkeJohn McEntireに負うところが大きいはずですよね。すっかり常連のふたりのように思われるものの、聴き込みが足りないだけなのかも知れませんがここ何年もどれを聴いても同じように聴こえてしまうんですよね。どうしたもんでしょ。


ほかにも7分超えはM11「Suggestion Diabolique」、6分超えですとM8「Gus the Mynah Bird」にM12「Les Bons Bons Des Raisons」とありまして。中身が濃密であるのはStereolabらしいところではあるんですが、この時期の彼らとなりますといささか冗長さを感じる面もなきしもあらず、なんです。


そして、改めましてシングル曲でもあるこのM3「Captain Easychord」、「Captain Easychord (Edit)」にはない取って付けられたような蛇足と呼ぶに相応しい部分によってまったく別の代物に聴こえますね。困ったものです。
M7「Double Rocker」も似たようなもので、前後半ですっぱりとまるで別物なんですよ。


M4「Baby Lulu」では煙で目が沁みるようなホーンであったりM6「Hallucinex」ではこれまで以上の浮遊感を醸し出していたりとこの辺りも聴きどころではありますね。


M9「Naught More Terrific Than Man」はじっくりと聴かせるという少し珍しい部類の1曲ではないでしょうか。
対してM10「Nothing To Do With Me」は珍しく可愛らしい、ある意味シングル向けの1曲だと思いましたよ。本作ではこれら2曲の対比が面白いですね。ちょっとした収穫です。


といった具合に何だか義務感から耳を傾けていても面白みを感じ難いのも当然ですよね。そろそろ先が見えて来たとは言え、最後までしっかりと付き合ってやらねば。


♪「The Black Arts」Stereolab



♪「Gus the Mynah Bird」Stereolab



♪「Nothing To Do With Me」Stereolab



♪「Les Bon Bons Des Raisons」Stereolab



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。