スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Primal Scream / Sonic Flower Groove (1987)

sonicflowergroove
洗濯物を干し終わりまして、ひょんなことからPrimal Screamの『Sonic Flower Groove』(1987)を聴いております。夏な洗濯量が少なくて済むので好きな方です。


このPrimal Scream、アルバム毎にガラリと趣向を変えつつ時代の最先端を突っ走る、らしいんですけれども。Bobby GillespieがもともとThe Jesus And Mary Chainのドラマーだったことは本作の発売当時から知ってはいたものの『Screamadelica』(1991)を聴いたのが先でしたね。
ようやく手に入れてみた挙げ句、売り飛ばしたこともありました。最近になって買い戻したんですが、どうせなら「Star Fruit Surf Ride」やM6「Imperial」のデモ版が追加収録された国内盤CDが欲しかったですね。


本盤の場合、何かにつけてMayo Thompson制作だとかJim Beattieのキラキラとした12弦ギターがどうだとかが言及されることが多いですよね。
それでも、『Creation Soup Volume Two』(1991)収録の「It Happens」にとても衝撃を受けたものでしたので、実際に聴いてみてもわずかな違和感というかちょっとした物足りなさを感じてしまったんですよ。


今回、改めてじっくりと聴いてみましたら収録曲はどれも水準以上の出来だと思いますし、M7「Love You」なんかを凄く気に入ってしまいましたよ。確かに初期The Byrds直系のキラキラ感と微かなサイケデリック臭、そしてBobby Gillespieフニャモラーな歌声は良く映えますよね。


結局のところジャケット写真のBobby Gillespie、彼の着ている水玉模様のシャツが強く印象に残ると言ったら元も子もないですかね。


♪「Gentle Tuesday」Primal Scream



♪「Imperial」Primal Scream



♪「Silent Spring」Primal Scream



♪「Love You」Primal Scream



♪「We Go Down Slowly Rising」Primal Scream



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。