スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teenage Fanclub / The King (1991)

theking

今回はTeenage Fanclubの『The King』(1991)についてです。
彼らの2枚目に当たるアルバムである本作は同時にCreation Records移籍第1弾アルバムでもあります。


発売された当時は彼らの存在自体をまったく知りませんでした。
今は亡きヴァージン・メガストア丸井新宿店のインディー・コーナーにて本作のCDが大掛かりに面陳されていました。店員が“これはKing(というグループ)の新譜?”という風に訊かれているところに出くわしたことを憶えてはいるのですけれど、我関せずといった状況でした。


その直後、ひょんなことから次作に当たる『Bandwagonesque』(1991)に対して入れ込むつれ、この『The King』の回収騒動を知ることとなりまして若き日の過ちを悔やむ毎日を過ごす羽目になりましたとさ。


それから約2年ほどが経った頃でしょうか、御茶ノ水にて偶然に本作のCDを発見しましてその身柄を無事に確保いたしました。
中古盤でもなく定価も適正でしたし、どうして今頃になって店頭にと若干の疑問を抱きつつも喜び勇んで会計を済ませました。


ひと言で申し上げるとどこから聴いても異色作、といったところでしょうか。


その内容については概ねインストゥルメンタル中心のガレージ・パンク剥き出しといった風情でして、Mudhoneyからそのまま拝借したM2「Mudhoney」なんてのは本家も真っ青になってしまうくらいに重いノリをぶちかましています。
ほかのアルバムなどで聴くことの出来る良質なメロディー志向の楽曲とは真逆の激しさです。


カヴァー曲にしてもM3「Interstellar OverdrivePink FloydからM5「Like A VirginMadonnaまで振り幅が大きく、好き勝手演って楽しんでいる姿を容易に想像することが出来ます。


直前のシングル、『The Ballad of John & Yoko』(1990)と『God Knows It's True』(1990)に引き続いてDon Flemingが制作に携わっている訳ですけれども、彼と一緒になっての悪ふざけとも受け取られかねないようなものです。どう贔屓目に見てもスタジオ遊びの延長といったところなので、こんなものを正規に発売するCreation Recordsの懐の広さに感服するばかりです。


それでも、こういう無茶な内容のアルバムを作り上げて移籍第1弾としたことには相当な問題があるのではないでしょうか。
直後の『Bandwagonesque』との波状攻撃を決めたのも束の間、回収の憂き目に遭ってしまったというオチがつきまして、逆に良かったのかも知れません。


廃盤ゆえに今でこそ有り難がられている訳ですけれども、どう考えてみましても売れる要素が認めれませんしジャケット・デザインからして売ってやろうという気持ちも感じられません。
いったいどういう意図なのか判りかねます。


Creation Recordsらしいと言えば自由で緩いところはそうなのでしょうし、Teenage Fanclubらしくて面白いのですけれど。


ある意味、踏み絵のようなものかも知れません。
本作を聴いてTeenage Fanclubをより身近に感じられるか、幻滅してしまうのか。


ただ、この遊び心というのがとても重要でグループとしての本質でもあったのではないかと強く感じます。
表題曲のM6「The King」は所謂、典型的な曲の終わり方だけを様々なパターンで連続して演奏するというひどく馬鹿げたものですし。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

このアルバムは発売当時に買いましたが、インストアルバムとして結構話題で買っている人は多かったです。(地元では。

"Like A Virgin"はシングルに収録されてるし、あまり必要がないアルバムかもしれませんが、このアルバムがあったからこそ"Bandwagonesque"があったと思います。

でも"Bandwagonesque"もイマイチ未消化な点もあり、もう一枚くらいドンとアルバムを作って貰いたかったですね。(笑

オオシマさんへ

オオシマさん、どうもです!
コメントをありがとうございますね。

普通に買えていたんですね、羨ましいことです。さすがに人気が高かったんですね、TFCは。
随分と悶々としたして過ごした記憶がありますよ。

>このアルバムがあったからこそ"Bandwagonesque"があったと思います
おっしゃる通り、表裏一体の1セットとかも知れませんね。今や手放せない貴重盤ですけど。

>でも"Bandwagonesque"もイマイチ未消化な点もあり、もう一枚くらいドンとアルバムを作って貰いたかったですね。(笑
私も最初は馴染めなかったんですよ。何だかあの音の感触を好きになれなくて、同時期のVelvet Crushの1stにべったりでした。
最終曲の「Is This Music?」てのも妙なインストゥルメンタルで未だに訳が判らなかったりしますよ。

今思えば確かに悪ふざけ以外の何物でもなかったように聴こえますよね。でも当時は結構評価されてたんだから驚きます。クロスビートなんてワゴネスクよりこっちの評価が高かったし。
友達が持ってたんで当時は買いませんでしたが、後になって中古で安く売ってたんで一応買いました。
今ではほとんど聴かないですね。
強引に評価すればこれも彼らの一面性といいますか、まじめなメロディ命だけのバンドじゃないっていう表れだったんでしょうけど。。やっぱクリエイションって偉大だわ。

kura_moさんへ

kura_moさん、どうもです!
コメントをありがとうございます。

kura_moさんも当時からご存知なんですね、さすがです。
そうですか、やはり好評だったんですね。

たまに聴くと変に安心してしましますよ。TFCらしさを確認することが出来ると言いましょうか。
おっしゃる通りこれも確かにTFCの一面だと感じますし。

Creationは破天荒なレーベルでしたね。実際、無茶をやっていながらとてもイイ仕事をしたと思います。愛すべき連中です。

こんばんは。
コメントとトラックバックありがとうございました。
どうせなら新しい方に思い、こちらのお邪魔します。

このアルバム、懐かしいですね。
でも、自分では持ってなくて、当時友人に借りて聴いたのみです。
たしか、雑誌では評価が高かったように記憶してますが、聴いてみて「?????」となった憶えがあります。
果たして今聴いたらどう感じるのか、ちょっと興味があると言えばあります。

リンクの件、こちらからもよろしくお願い致します。

piouhgdさんへ

piouhgdさん、お返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
また、わざわざお越しいただきまして恐縮です。ありがとうございます!

何年か前にアナログ10インチの海賊盤が発売されたくらいですので、やはり確実に需要があるようですね。
運良く正規盤を入手することが出来たから良かったものの、幻の2ndということで私だったら悶々とした毎日を送ってしまうに違いありません。

今、聴いてみても相変わらず面白いと感じますよ。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします!
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。