スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のスポットライト (43)

告白
私、北沢オーストラリアにとって非常に気になることを取り上げてみる『今週のスポットライト』のお時間です。


先月末に映画、『告白』を観て参りました。初めて足を運んだ新宿ピカデリー、満席でした。
評判だけは耳にしていたものの、原作が“2009年本屋大賞”を受賞したベストセラーだということや公開早々に興行的にも成功していることなどつゆ知らず。


前方の座席しか空いていなかったので視覚的に厳しいと思ったんですが、いざ始まってみますとそんなことを気にする暇もなかったです。圧倒的な画力と重苦しい音楽を前にしてあっという間に持って行かれてしまいました。
あとは終始、とてつもない緊張感の連続です。


思春期に差しかかる中学1~2年生であったり過剰な母子関係であったり命の重さであったりとそういう食いつき易い要素が軸を成しつつ、物語が展開して行くうえで一分の隙もない訳ではなく、また凄惨極まりない場面も少なくないんですがもの凄く面白かったです。日本映画を代表する1本ではないでしょうか。それは観ている本数自体が少ない中での話ですけれども。
そして、愛と覚悟の物語だと思います。


これはもはや完全なる娯楽作品ですね。未だに胸に去来するものがあります、グサリと刺さるものがある訳です。
それにしても、ひたすら暗い画面構成の中で主演の松たか子さんの感情を抑えた演技が輝いております。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
そう、画面が暗いので目が少し疲れました。。
私も邦画はあまり観ない方で、一番最後に観て良かったのが
『デトロイト・メタル・シティ』ぐらいです…(^^;

登場人物の一人一人の告白に基づいて流れていく手法
(原作がそうなっているのかはわかりませんが)は
それぞれの人物像に感情移入できて面白かったですね。
重いテーマが最後の「な~んてね」で吹っ飛びました。
ショッキングなのに淡々としているのが
現代の病んだ日本を象徴している気もしました。

北沢オーストラリアさんは、とても影響を受けたんですね!
そういうの、とてもいいなぁ(^^)
もう一度レンタルかなんかで観直してみようかな。
長々すみません。。

パイクマンさんへ

パイクマンさん、コメントを入れていただきありがとうございました!

>『デトロイト・メタル・シティ』
原作漫画が終わってしまいましたね~。映画の方には出て来なかったと思いますが、私の本名と同じ登場人物がいるのでやけに親近感があったりするんです。実際、面白いですねぇ。

>登場人物の一人一人の告白
>重いテーマが最後の「な~んてね」で吹っ飛びました
いちばん最初の“告白”、主人公が公然と切り出す復讐の方法には寒気がしましたです。衝撃的です。
映画ならではの描写の数々にもハッとさせられました、あらゆる意味で降参ですよ。
最後の場面も主人公が仕掛けた心理戦としても、そのひと言がなければ救われないですよね。教職を辞して母として人として幼く無軌道で自意識過剰な中坊に挑む姿に凄みがあり過ぎです。

DVD化BD化されたら・・・、そんなに繰り返し観るもんでもないとは思いますが欲しいなー。すっかり虜です。(汗)
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。