スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Choo Choo Train / High (1988)

high
ネット・ショップを徘徊していましたところで偶然に知ったのがChoo Choo Trainの編集盤、『Briar High (Singles 1988)』(1988)の再発でした。しかも、紙ジャケット仕様、追加収録曲ありというもの。
実はうっかりと買い逃したまま何も手を打っていなかった1枚だったんです。嬉しいですね、長年の後悔がこれで晴れるというものですよ。


そこで今回の手抜きエントリでございます。旧ブログ、『とばすぜ ハイウェイ』からの引用となります。
Choo Choo Trainの珠玉の名盤、『High』(1988)なんです。


現在でもVelvet Crushとして活動を続けるRic MenckPaul Chastainの2人が中心となって1980年代後半に結成したのがChoo Choo Trainです。


これはジャケット・デザインがすこぶる麗しい2曲入りの7インチ・シングル、『High』(1988)です。
イギリスのSubway Organizationに拾われて発売されたうちの1枚です。


オルゴールの音色から始まる憎い演出のA面曲、M1「High」。Paul Chastainの発する切なさが入り交じった歌声に思わず胸が締め付けられてしまいます。
清く正しく甘酸っぱい、ギターポップの鑑のような1曲です。


M2「Wishing On A Star」も同様にポップ度の非常に高い1曲です。表題通りに夢見るような可愛らしさを併せ持った素敵なB面曲です。
ギターの可憐なアルペジオが脇腹をくすぐるように響き渡ります。


ジャケット・デザインがその内容に伴いつつ、これだけシングル盤として完成度の高いものには滅多にお目にかかれません。


曲良し、歌良し、ジャケット良しの三拍子が揃った完全無欠の傑作シングルです。


彼らは既にこの時点においてギター・ポップの名曲をモノにしていたのです。


例えて言うのなら心のベストテン第1位、なのです。



といった具合にべた褒めなんですが、これは事実なんですから仕方ありません。それこそ理想のギターポップですね。これだけは曲げられませんね、はっきりと。


♪「High」Choo Choo Train



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは〜♪

いやぁ、素敵なブツをお持ちで♪
確かにHighもWishing On A Starも最高ですよね。
そして、これはジャケもいいですね♪
なんとも微妙なBriar Highのジャケと違って…うふ♪

へどろんさんへ

へどろんさん、コメントをありがとうございました~。

7インチ・シングルの場合は特にジャケット買いしていましたので。(汗)運も良かったです、入手することが出来まして。ザ・名曲!ですね~。

『Briar High (Singles 1988)』はそのジャケット・デザインの酷さから、勝手に発売されてしまった無理矢理な編集盤かも知れませんね。
記憶が定かではありませんが、Subwayとは大揉めになったことがあるらしいですよ。

新装『Briar High (Singles 1988)』の追加収録曲のことも気になりますが、とにかく再発が嬉しいです!
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。