スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stereolab / Miss Modular (1997)

missmodular
今年最初のStereolabは、アルバム『Dots And Loops』(1997)に先駆ける形のシングル番の『Miss Modular』(1997)です。
メンバー交代もありまして、もはやStereolabと言えばTim GaneLaetitia Sadierのふたりのことかなという具合です。


M1「Miss Modular」はシカゴ録音、再びTortoiseJohn McEntireとの共同作業によるものです。
音の作りとしてはことごとく角が丸められ、どんどんラウンジ感覚が増して行きまして。引き続きブラスも導入されていまして必ずしも好きな感じではないんですよね。
重要なのにサブ・メンバー、Sean O'Haganが今回はフェンダー・ローズで参加とのことですが、これは隠し味程度といったところでしょうか。


お次はM2「Allures」とM3「Off-On」につきまして。
単発で終わったものの意外にも濃密な内容の『Fluorescences』(1996)と比べてしまいますと何故だか淡白な印象ですね。
シングル収録曲としては上出来なんでしょうし、それなりに面白いことを試みつつラウンジ路線で突っ走るとしても、Mary Hansenのヴォーカルの比重も少なくて物足りなさが残ったりしますよ。


最後はM4「Spinal Column」もシカゴでの、そしてJohn McEntireによる録音なんですが1995年ということですので、これは『Emperor Tomato Ketchup』(1996)時のアウト・テイクでしょうか。
垂れ流しと言ってしまえばそれまでなんですが、浮遊感もばっちりで程よい緩さもありましてまさに掘り出しもの1曲ですね。


ラウンジ。
♪「Miss Modular」Stereolab



ラ、ラ、ラ、ラウンジ。
♪「Allures」Stereolab




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。