スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももいろクローバーZ / おしいろマンハッタン 〜なんてこったパンナコッタ〜2014

ももいろクローバーZが2月20日に行った『おしいろマンハッタン 〜なんてこったパンナコッタ〜』のライヴビューイングを観に行って参りました。


珍しく何とはなしに登場したももいろクローバーZの5人が担当色の入れ替えをくじ引きで決めるという風雲急を告げる展開に突入です。また、最終的には審査の結果、罰ゲームが用意されているとのこと。
紫色担当の元リーダーの高城れにが赤色へ、センターにして赤色担当のリーダー、百田夏菜子が紫色へ、緑色担当の小さな巨人、有安杏果が桃色へ、黄色担当にして若大将の玉井詩織が緑色へ、MCであり桃色担当の佐々木彩夏が黄色へと衣装替えです。


3人のアナウンサーによる余興を何とかやり過ごしまして、すっかりと馴染んで来た最新シングル曲の「GOUNN」から開始です。「PUSH」、「黒い週末」、そして「行くぜっ!怪盗少女」と来まして見事なまでに塩っぱい場面の連続でした。急ごしらえのために歌と衣装だけの変更という決まりのはずが振り付けまで混同する有り様。
それでも、「行くぜっ!怪盗少女」の間奏における百田夏菜子の背面ケチャでのエビ反り具合は流石に見ものでしたよ。


玉井詩織が軍手を会場へ投げ入れる「words of the mind -brandnew journey-」、久しぶりの「ツヨクツヨク」と続きまして百田夏菜子玉井詩織から成るももたまい事務所に推され隊として「事務所にもっと推され隊」を熱唱。こういう場面での玉井詩織の芸の細やかさは際立つものがありますね。つまるところ、歌を頑張るよりも以下、略。
有安杏果の「あーりんは反抗期!」では中断してまで指導されるほど佐々木彩夏が手厳しかった訳ですが、どうにかまとめ上げた有安杏果もまた見ものでした。好感度がさらに上昇したんじゃないでしょうか。


再び「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「BIRTH Ø BIRTH」「灰とダイヤモンド」で何とも不安な時間を過ごしまして担当替えも終了です。開演直後から低価格のチケット代を強調していた通りに“値段に合ったライヴ”でしたよ、苦言でも何でもなく本当に。
ようやっと「ももいろ太鼓どどんが節」からいつものももいろクローバーZです。「仮想ディストピア」で勢いに乗ったかと思えば「泣いちゃいそう冬」を可憐に決めるといった荒技でモノノフたちの心を鷲掴みです。


因みに審査結果としてはリーダーの百田夏菜子が最下位という意外なものでした。求められているものが想像以上に大きいのかも知れませんね。


待望のアンコールが「走れ!」で開始されまして「いつか君が」へと良い流れに。最後の最後が「鋼の意志」だったということに不満を感じつつも大円団を迎えましたとさ。
ももいろクローバーZの5人からの発言にあったように来る国立競技場での『春の一大事』に向けてまたとない機会と緊張感の中で各自の役割などを振り返ることが出来たはずですよね。高城れにの不意の涙も無駄にはならないでしょう。


スポンサーサイト

ももいろクローバーZ / ももいろ夜ばなし第二夜『玄冬』2014

ももいろクローバーZが2月19日に行った『ももいろ夜ばなし第二夜『玄冬』』のライヴビューイングに行って参りました。一昨年の『第一夜 『白秋』』に引き続きアコースティック編成の生バンドを従えた異色のライヴです。


幕開けはしっとりと歌い上げる「空のカーテン」、今回の趣旨をはっきりと印象付ける1曲目でした。
次いでリーダーの百田夏菜子の「太陽とえくぼ」と玉井詩織の「涙目のアリス」というそれぞれのソロ曲へと繋ぎ会場を沸かせます。


ここから暫くは初披露のカヴァー曲の連続です。高城れにによる「Hello, Again ~昔からある場所~My Little Lover百田夏菜子による「宙船TOKIO、もみあげを生やした有安杏果による「もしもピアノが弾けたなら西田敏行、そして玉井詩織の「卒業尾崎豊と。
平たく言ってしまえば塩っぱい出来でした。選曲についてはともかく、百田夏菜子でさえ声が出ていなかった訳ですので。結局は扮装しながらも抜群の安定感を魅せた有安杏果が目立っていましたよ。


続く「DNA狂詩曲」で改めてアコースティック編成に唸らされました。バンドの演奏がとにかく巧いんです。それに持ち歌となるとももいろクローバーZの5人にとっても慣れたものですので水を得た魚のようでした。


ここでひと息つきます。先ずは「久米明のナレーション講座」です。先のソロでのカヴァー曲の頭に語りを入れていたのはこの布石だったようで久米明にその極意を説いてもらうという貴重さ。
辛島美登里のニューミュージック講座」についてはニューミュージックなんてものがまだ生き残っているんだと戦慄を覚えながら「たしかなこと小田和正の共演を眺めておりました。そのまま佐々木彩夏辛島美登里とともに「サイレント・イヴ」をというところで佐々木彩夏にしても声が出ていないんですよね。左足の怪我の代わり踏ん張りどころのはずなんですけれども。


再び持ち歌に戻りまして「ピンキージョーンズ」、「CONTRADICTION」、「ゲッダーン!」と続きます。胡散臭い異国情緒が溢れる「ピンキージョーンズ」で唸りまくるベースラインも聴きものでしたが、「ゲッダーン!」の洒落た仕上がりもこれまた絶品でした。


かつらから衣装まで完全装備の佐々木彩夏が「Rock'n Rouge松田聖子を無難にこなした後には高城れに百田夏菜子、そして玉井詩織の生え抜き3人が「星空のディスタンスTHE ALFEEを披露。これはある意味において傑作でしたね。高城れにの独壇場かと思いきや、玉井詩織に見事に持って行かれてしまうという始末。この場面での玉井詩織の演技は今回の最大の見どころだったはずです。


そして、有安杏果によるひとり「永遠のトリニティーてんかすトリオも見ものでした。『3B junior Live Final “俺の藤井” 2014』以来、観る機会が滅多にないであろう1曲ですので、これはとても貴重な時間でしたよ。


ノーサイド松任谷由実を挟んで歌も演奏も難しいという「Z女戦争」へと突入です。そりゃあ、そうですよね。やくしまるえつこ作詞・作曲には本当に驚きましたもん。


待望のアンコールでは先ずは何故だか再び​辛島美登里を呼び込んでの「宙飛ぶ​!​お座敷列車」、このちぐはぐさがももいろクローバーZさしさと言えるでしょうか。
そして、生声での「オレンジノート」に感激させられ「いつか君が」と「灰とダイヤモンド」で締め括ってくれました。


どう好意的に見ても歌が演奏に追いついていない場面の連続でしたが、ももいろクローバーZにとって大変、貴重な体験となったはずですし、出した儲けをこういった機会に惜しみなくバンドにつぎ込むことなど他所では難しいことでしょうから是非とも今後の活動に活かして欲しいものですよね。

ももいろクローバーZ / ももクロくらぶxoxo ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2014

紅白歌手、ももいろクローバーZの『ももクロくらぶxoxo ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!』を観に横浜アリーナへと行って参りました。ニッポン放送のラジオ番組、『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』の公開収録ライヴとして2月11日に開催されたものです。


スタンド席ではあったものの相変わらずの有安杏果寄り、というよりもステージ真横の位置のためにももいろクローバーZの5人の表情が手に取るように判る近さでした。


骨折してしまった左足を治療中の佐々木彩夏あーりんメガコップとして従えたももいろクローバーZがいよいよ登場しますと初っ端から「労働讃歌」から「ミライボウル」、「Chai Maxx」の3連発。そうと来れば開場前に雪が降るほどの寒さも吹き飛びます。


恒例の自己紹介に続いてしっとり感がたっぷりの「ラフスタイル for ももいろクローバーZ」、一転して元気いっぱいの「いつか君が」を披露。
ここでひと息つきまして、吉田尚記アナウンサーを呼び込んでラジオ番組さながらにモノノフからの質問メールに答える件ですでに20分押しという有り様なのが何とも5人らしいです。


その流れから登場した清水ミチコから5人それぞれが物真似を伝授され、その物真似を織り込んだ急ごしらえの「ドレミの歌」を一緒に歌うという展開に突入。こういったぶっつけ本番をも糧にしてしまうのもももいろクローバーZの強みのひとつですよね。


今度は高城れに有安杏果のふたりによる事務所に推され隊のユニット曲の「事務所にもっと推され隊」を久しぶりに耳にしたりあーりんメガコップ版の「だって あーりんなんだもーん☆」の貴重さを楽しむことしきり。
それぞれ客席から登場して「太陽とえくぼ」を歌う百田夏菜子と「涙目のアリス」歌う玉井詩織の姿に感激した次第です。


続きましてはイベントらしく『吉祥寺ベストフレンド物語』なるラジオドラマを熱演。と思いきやアイドルの大先輩として松本明子が登場したことで尻すぼみに終わったような。何とも消化不良なもったいなさが残る時間帯でした。
次いで番組独自の双六企画をセンター席を貫く形で設置されたステージ上で実演。ルーレットを回す役割を担うこととなったモノノフたちを羨ましく眺めつつ、改名前の6人時代から語られる“唐揚げ事件”から日産スタジアムでの黒歴史などまでを改めてお復習いすることが出来ましたよ。その挙げ句に双六の勝者、玉井詩織から優勝賞品の板チョコレートが来場者に振る舞われるというバレンタイン企画ならではの配慮も嬉しいものです。


そうして「サラバ、愛しき悲しみたちよ」、「BIRTH Ø BIRTH」、「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」と畳み掛ける怒濤の展開に会場中が狂喜乱舞。やる時にはやりますね。締めるところはきっちりと締めます。
唐突に映画の主題歌だという新曲の発売を告知した後には「GOUNN」でその貫禄をたっぷりと示します。まさに堂に入っていますね。


アンコールでは定番の「overture」からの「鋼の意志」で5人それぞれが客席を廻ることで煽り、沸かせます。最後の最後に冬に似合う「僕等のセンチュリー」を熱唱。風船が飛ばされるなど目前の幼児モノノフも大喜びでした。
終わってみれば1時間押しだということもありまして、もう大満足です。すでに来年の2月11日に同じ横浜アリーナでの公開収録ライヴがまたもや開催されることが決定しているとのこと。是非ともまた集合したところです。


雷鳥

本日、2月10日は女性解放運動・婦人運動の指導者、平塚らいてうの誕生日。生誕128周年だそうです。


そんな訳で婦人参政権が獲得されたのは意外と最近のことです。女性たちが自身の人生をより謳歌することに異論はございません。


続きを読む

憲章

ロシアのソチで第22回冬季オリンピックが開催と相成りました。17日間に渡る競技日程の中、すべての選手たちに力を尽くしていただきたいものですね。


私、北沢オーストラリアは先週から風邪気味が続いているのでおとなしくしています。


続きを読む

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。